日本の原子力発電

日本の原子力発電所
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/05/22 16:24

福島の原発事故が起きる前に日本にはどの位の原子力発電所があったのでしょうか?

この狭い日本になんと54基もの原発があります。

福井県の敦賀原発1号機は1970年に稼動開始していますから、もう40年以上たっています。

かなり老朽化が進んでいると思われます。

一覧表です。

地区 名称 号機 形式 発電力 万kw 電力会社 発電開始
北海道 1号 PWR 57.9 北海道電力 1989.9
2号 PWR 57.9 北海道電力 1991.4
青森 東通 1号 BWR 110 東北電力 2005.12
宮城 女川 1号 BWR 52.4 東北電力 1984.6
2号 BWR 82.5 東北電力 1995.7
3号 BWR 82.5 東北電力 2002.1
福島 福島第一 1号 BWR 46 東京電力 1971.3
2号 BWR 78.4 東京電力 1974.7
3号 BWR 78.4 東京電力 2010.9 MOX
4号 BWR 78.4 東京電力 1978.1
5号 BWR 78.4 東京電力 1978.4
6号 BWR 110 東京電力 1979.1
福島第二 1号 BWR 110 東京電力 1982.4
2号 BWR 110 東京電力 1984.2
3号 BWR 110 東京電力 1985.6
4号 BWR 110 東京電力 1987.8
茨城 東海第二 BWR 110 日本原子力発電 1978.11
新潟 柏崎刈羽 1号 BWR 110 東京電力 1985.9
2号 BWR 110 東京電力 1990.9
3号 BWR 110 東京電力 1993.8
4号 BWR 110 東京電力 1994.8
5号 BWR 110 東京電力 1990.4
6号 ABWR 135.6 東京電力 1996.11
7号 ABWR 135.6 東京電力 1997.7
 静岡 浜岡 1号 BWR 54 中部電力 1976.3
2号 BWR 84 中部電力 1978.11
3号 BWR 110 中部電力 1987.8
4号 BWR 113.7 中部電力 1993.9
5号 BWR 138 中部電力 2005.1
石川 志賀 1号 BWR 54 北陸電力 1993.7
福井 美浜 1号 PWR 34 関西電飾 1970.11
2号 PWR 50 関西電飾 1972.7
3号 PWR 82.6 関西電飾 1976.12

高浜

1号 PWR 82.6 関西電飾 1974.11
2号 PWR 82.6 関西電飾 1975.11
3号 PWR 87 関西電飾 2010.12 MOX
4号 PWR 87 関西電飾 1985.6
大飯 1号 PWR 117.5 関西電飾 1979.3
2号 PWR 117.5 関西電飾 1979.12
3号 PWR 118 関西電飾 1991.12
4号 PWR 118 関西電飾 1993.2
敦賀 1号 BWR 35.7 日本原子力発電 1970.3
2号 PWR 116 日本原子力発電 1987.2
島根 島根 1号 BWR 46 中国電力 1974.3
2号 BWR 82 中国電力 1989.2
愛媛 伊方 1号 PWR 56.6 四国電力 1977.9
2号 PWR 56.6 四国電力 1982.3
3号 PWR 89 四国電力 2010.3 MOX
佐賀 玄海 1号 PWR 55.9 九州電力 1975.1
2号 PWR 55.9 九州電力 1981.3
3号 PWR 118 九州電力 2009.11 MOX
4号 PWR 118 九州電力 1997.7
鹿児島 川内 1号 PWR 89 九州電力 1984.7
2号 PWR 89 九州電力 1985.11

 * 右側のMOXはプルサ-マル発電でウランとプルトニウムの混合燃料を使っています。

既成の原発を若干直しして使っているので稼動開始は新しくなっています。

* これ以外に研究炉として、22基があります。

  現在廃炉中が7基、成功はまだ1例です。

  廃棄物は2048年までにドラム缶53万本/200リットル、の予定

  日立王禅寺センタ-では1974年解体開始後、まだ494本が保管されています。

 

「発電所以外の核施設」

   商業用に発電はしない核の研究用の原子炉や核分裂の実験装置なども沢山あります。

医療用や材料試験にも関係しています。

原子力開発機構の「常陽」は「もんじゅ」の前段階の研究炉で現在停止中ですが再開の予定です。

原子力規制委員会の資料です

保有者

施設名

場所

運転開始

現在の出力

日本原子力研究

開発機構

 

軽水臨界実験装置「TCA」

JRR 3

JRR 4

高速炉臨界実験装置「FCA

材料試験炉「JMTR」

原子炉安全性研究炉「NSRR」

高速実験炉「常陽」

定常臨界実験装置「STACY」

過度臨界実験装置「TRACY」

高温工学試験研究炉

茨城県

茨城県

茨城県

茨城県

茨城県

茨城県

茨城県

茨城県

茨城県

茨城県

1962年

1962年

1965年

1967年

1968年

1975年

1977年

1995年

1995年

1998年

200W

2万Kw

3500Kw

2万Kw

5万Kw

300Kw

14万Kw

200W

10Kw

3万Kw

東芝

東芝臨界実験装置「NCA」

川崎市

1963年

200W

近畿大学

近畿大炉

大阪府

1961年

1W

京都大学

京都大炉「KUR」

京都大学臨界実験装置

大阪府

大阪府

1964年

1974年

5000Kw

100W

上記の施設の中で、高速炉臨界実験装置「FCA」には研究用核燃料のプルトニウムが約331kg保管されています。

これは高濃度で「兵器級プルトニウム」です。

単純計算では40~50発分の核兵器を作れるとされています。

主としてアメリカや英国から提供された物です。

色々と危険な為オバマ政権返還を求められています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文