最後に

天下りする役人と電力会社役員
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/03/30 12:06

事故を起こしたことで国も電力会社も責任を問われ、多くの訴訟が起きています。

その中で、国民の関心が薄れた時期を狙って天下りが行われています。

結局は誰も責任を取らないということです。

            2014年3月16日 東京新聞

 

氏名

肩書

天下り先

経済産業省

松永和夫

事務次官

高砂熱学及び住友商事の社外取締役

損保ジャパン及び橋本総業の顧問

 

細野哲弘

資源エネルギ-庁長官

みずほ銀行顧問

興銀リ-ス社外取締役

 

寺坂信昭

原子力安全保安院長

政和地所、互助会保障、東京エルエヌジ-タンカ-、3社の顧問

 

西山英彦

大臣官房付

環境省福島除染推進

チ-ム次長

矢崎総業企画室主査

東京電力

勝俣恒久

会長

日本原子力発電社外取締役(昨年6月退任)

 

清水正孝

社長

富士石油社外取締役

 

武井優

副社長

アラビア石油社外取締役(昨年6月退任)

 

荒井隆男

常務

富士石油監査役

 

高津浩明

常務

東光電気社長

東光高岳ホ-ルディングス社長

 

宮本史昭

常務

日本「フィ-ルド・エンジニサリング社長

 

木村滋

取締役

電気事業連合会副会長

 

藤原真喜夫

取締役

関電工社外取締役

 

松本芳彦

取締役

東京エネシス社外取締役

 

 

タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文