最後に

電力関係企業から大学への寄付
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/05/27 13:21

電力関係企業から日本の有力大学の原子力関係の部門へ多額の寄付が行われています。

原子力関係ですから、学生の多くは大学を出たあと関連の仕事に就職し、

原発を擁護する研究を行っていると思われます。

この仕組みの中で育ってきた研究者がよく「原子力村」の人と言われるのです。

これも政・官・学癒着の一つでしょう

その資料です。

        共同通信社の各大学への情報公開請求

        2007年から2011年までの5年間

        寄付した業界 原発を持つ電力8社

               電力会社関連企業・団体

               原子炉メ-カ-

               核燃料加工会社

 

東京大学

約5億6000万円

東北大学

約4億1700万円

名古屋大学

約2億5100万円

京都大学

2億1200万円

東京工業大学

約1億 400万円

九州大学

約8300万円

大阪大学

約7900万円

北海道大学

約3800万円

タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文