阿片政策

満州における麻薬の現地製造

最終更新日:2014/03/01 11:12

 満州では当初ヘロイン等の麻薬は専売制度で密輸密売をしていましたが、すぐに現地生産に取り掛かりました。 * 山内三郎「麻薬と戦争-日中戦争の秘密兵器」から                  1934年南満州製薬(株)」を […]

続きを読む

蒙彊地区の阿片政策

最終更新日:2015/11/14 10:09

1938年12月16日、中国に対する日本政府の窓口機関「興亜院」が出来、 翌年3月に蒙彊連絡部が開設され酒井隆中将が長官に就任しました。 その後は興亜院が蒙彊阿片政策の指導的役割をにない、 形としては「各機関は常に駐蒙軍 […]

続きを読む

華北占領地区の阿片政策

最終更新日:2014/05/28 16:34

1937年12月14日、日本軍によって中華民国臨時政府が北京に作られました。 王克敏を行政委員長とする傀儡政権でした。 (注:その後、1938年3月28日に梁鴻志を行政院長とする中華民国維新政府を南京に作った) &nbs […]

続きを読む

華中占領地区の阿片政策

最終更新日:2014/05/28 16:35

1938年3月、南京に日本の傀儡政権として「中華民国維新政府」が出来ました。 維新政府設立と同時に日本軍の特務部は解散となり、興亜院華中連絡部が発足しました。 維新政府と興亜院の指導で8つの大きな阿片商を集めて「宏済善堂 […]

続きを読む

興亜院

最終更新日:2014/05/28 16:49

日本の中国占領地に対する多くの政策の窓口機関として 1938年12月15日に興亜院が設置されました。 * 興亜院設置に関する「官制」 勅令第748号 (原文カナ) 第1条 支那事変中内閣総理大臣の管理の下に興亜院を置き左 […]

続きを読む