日本の細菌戦

1941年、日本軍資料

最終更新日:2016/02/01 14:47

*井本日誌 (1941年分) 1月15日 渡辺参謀から「ホ」の件 媒介物を欲す 補給手段 適当なる容器が必要(取扱を簡易にす) 実用の際航空部隊にやらせるか、特殊部隊とするか 重爆にて夜間攻撃にて奇襲的に実施するを可とす […]

続きを読む

1942年の細菌戦

最終更新日:2015/01/24 12:21

1942年4月18日、アメリカ軍はB25爆撃機で東京・名古屋等に空襲を開始しました。 驚いた日本軍は、爆撃終了後、B25が戻った中国の飛行場を破壊する計画を立てました。 これが浙贛(注:字が難しいので以降「浙かん」にしま […]

続きを読む

1942年、日本軍資料

最終更新日:2015/01/31 12:20

1942年になると、米軍による空襲が始ったため,その発進基地を叩くために細菌戦も増えます。作戦目的は「浙かん鉄道沿線の敵兵力の撃滅です。 *衢州,玉山,麗水等飛行場の壊滅。蛍石等の鉱物資源の獲得」             […]

続きを読む

1943年の細菌戦

最終更新日:2015/02/07 12:18

これまでの細菌戦で実験成果を上げる事に成功した軍は1943以降は細菌戦をあまり実施していません。 勿論中国をはじめとする国際世論の影響もあると思われます。 しかし細菌戦そのものはおこなっていませんが、 前年までに撒布して […]

続きを読む

1943年、日本軍資料

最終更新日:2015/02/21 11:28

ここでは井本日誌ではなく、1937年8月から陸軍省医務局医事課員になった 金原節三大佐の陸軍省業務日誌摘録を参考にします。 金原摘録 4月11日 (731部隊の)指導方針は軍紀風紀の確立、 研究成果の向上、作戦準備の完成 […]

続きを読む