PM2.5

発がん影響
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/01/16 11:28

in vitro(試験内試験)での毒性学的研究ではDEP(ディ-ゼル由来の黒煙)やそれ以外の燃焼由来の粒子成分が、

肺組織内で炎症や貧食マクロファ-ジを介して活性酸素を作り、酸化ストレスを増加させ、

DNA酸化的損傷の指針である「8-ヒドロキシングアニン」の増加のようなDNA損傷を引き起こします。

またニトロPAH等の強力な変異成分がガン発生に寄与すると考えられます。

    * ニトロPHA PAH(多環芳香族炭化水素)の一種で発がん性がある

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文