PM2.5

大きさの単位
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/01/16 10:51

今私たちは主としてメートル法を活用しています。
距離や大きさの基本単位は1メ-トルです。1メートルの1000分の1は1ミリメ-トル(1mm)です。

ここまでは私達は目で見えますので良く利用します。

しかしさらに細かくなるとなかなか馴染みがありません。
整理しますと
     1メートル(1m)の1000分の1      → 1ミリメ-トル(1mm)   1メートルの1000分の1
     1ミリメ-トル(1mm)の1000分の1  → 1マイクロメ-トル(1μm) 1メートルの100万分の1
     1マイクロメ-トル(1μm)の1000分の1 → 1ナノメ-トル(1nm)   1メートルの10億分の1
     1ナノメ-トル(1nm)の1000分の1   → 1ピコメ-トル(1pm)  1メートルの1兆分の1
PM2.5というとかなり小さい事がわかります。
空気中に浮遊している物質には色々な物があり、特別に2.5マイクロメ-トルの物質があるわけではありません。

測定もかなり難しいため大体の大きさとその成分又その発生理由によって分類されています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文