お知らせ

加筆と大事なコメントです

2018/08/18 9:53

「南京事件」のジャンルに

「批判的な軍人の記録」を書きました。

このホ-ムペ-ジには、南京に関することはもう一つ「講演録」があります。

その方を先に書きました。

講演ですので内容的にまとまりは良くないかもしれません。

今書いている南京事件は講演録より詳しくなっています。

 

毎年そうですが、6月と8月のホ-ムペ-ジの訪問が増えます。

沖縄戦と敗戦に関する特集がメディアで増えるからだと思います。

しかし特に今年は報道特集が少ないように感じます。

メディアが萎縮し始めているのでしょう。

若い人たちに「正義の戦争なら・・・」「やられたらやりかえす」「武力を使っても解決する」

「国防力がないから近隣諸国からなめられる・・・」といった風潮が広がっているような気がします。

個人でも国家でも揉め事を力で解決することは出来ません。

このことを私たちは敗戦で学んだ筈です。

話合いしかないのです。

それを担当するのが政治家です。

多くの国の政治家、昔は日本の保守政治家でもその事を理解していました。

しかし今の日本の政治家は危険の方向へ歩き始めています。

憲法改正はその一歩です。