国際連盟の対応

もし南京事件が事実であれば、当時の国際連盟に何らかの動きがあったはずだ。

中国政府も訴えていないし、国連も何もしていないということは事実がなかったことである、と主張する人がいます。

事実はどうだったのかを見てみます。

駐スイスのドイツ領事館からドイツ外務省に宛てた1938年2月2日付の文書があります。

その内容は「東アジア紛争に関する国際連盟理事会決議」という文書ですが、

それに添付された資料を記載します。 

●添付書類 国際連盟理事会決議文

1938年2月1日付

文書番号 C・69/1938/7    

「内容―中国政府の提訴にもとづく決議案」

理事会は、極東情勢を考慮し、

前回の理事会以降も、紛争が継続し、

さらに激化している事実を遺憾の意とともに銘記し、

中国国民政府が中国の政治的経済的再建に注いだ努力と成果にかんがみて、

いっそうの事態の悪化を憂慮し、

国際連盟総会が1937年10月6日の決議によって、中国に対する道義的支援を表明し、

あわせて、連盟加盟国は中国の抵抗力を弱体化させ、

現下の紛争における中国の困難を助成しかねないいかなる行動も慎み、

それぞれが中国支援拡大の可能性を検討すべきであると勧告したことを想起し、

国際連盟加盟国にたいして上記の決議に最大限の注意を喚起し、

東アジア紛争に特別な利害を有する理事会加盟国が、

同様の利害関係国との協議を通じて、

極東紛争の公正な解決に寄与するため、

今後のあらゆる手段の可能性を検討するいかなる機会も逃さないことを確信する。

●添付書類 国際連盟理事会第6会議議事録      

1938年2月1日付    

「内容―中国政府の声明」        

議長による決議案(前項)の提示に続き、顧維鈞、ただいま読み上げられました決議案を拝聴しました。

本決議案に関する中国政府の見解を表明する前に、

最近数ヶ月間に起った出来事を述べ、現下で連盟理事会が何をなし得るか、

我が国の切実な要求は何か、についての中国政府の見解を申し述べたいと思います。

第18回連盟総会が、昨年10月6日、

日本の中国侵略にたいする中国政府の抗議に関連して決議を採択した後も、

日本軍は中国領土への無慈悲な侵略を続け、これをいっそう激化させています。

華北の日本軍は黄河を渡り、聖なる山東省の都であり、孔子の生地でもある済南を占領しました。

華中では11月、中国抵抗軍が、陸海空が一体となった日本軍の激烈な攻撃に対して

3か月に及ぶ抵抗をおこなったすえ、上海地方からの撤退を余儀なくされました。

南京に脅威が迫ったため、中国政府は首都を南京から1000マイル離れた重慶に移すことを強いられました。

日本軍が漢口と南京にたいして加えた執拗な攻撃の結果、

12月には、この2つの重要な都市と最も肥沃で人口の多い長江流域が日本軍占領下に入りました。

日本軍は、福建省および広東省沿岸にある多くの中国の島嶼を制圧し、

広東と華南にたいする侵略の試みを繰り返しています。     

日本軍航空機は、国際社会の非難の合唱を無視して無防備な都市に対して無差別爆撃を続け、    

中国民間人の大量虐殺をおこなっています。

広範囲にわたる再三の空襲が、西北の甘粛省から南西の広西省まで17をこえる省の

人口密集地帯に加えられ、すさまじい犠牲者を出していますが、その大半は女性と子どもであります。

さらに、高い軍紀を誇りにしてきた日本兵が占領地で繰り広げる残虐で野蛮な行為は、

戦火に打ちひしがれた民衆の艱難辛苦をさらにいっそう増大させ、礼節と人道に衝撃を与えています。

あまりにも多くの事件が中立国の目撃者によって報告され、外国の新聞で報道されているので、

ここでいちいち証拠を挙げるには及ばないでしょう。 

ただ、その一端を物語るものとして、

日本軍の南京占領につづいて起った恐怖の光景に関する

「ニュ-ヨ-ク・タイムス」紙特派員の記事を紹介すれば十分でしょう。

このリポ-トは12月20日付の「ロンドン・タイムス」紙に掲載されたものであります。

特派員は簡潔な言葉で綴っています。

「大がかりな略奪、強姦される女性、市民の殺害、住居から追い立てられる中国人、戦争捕虜の大量処刑、

連行される壮健な男たち」日本兵が南京と漢口でおこなった残虐行為についての

信頼できるもうひとつの記録は、米国人の教授と外交使節団による報告と手紙にもとづくもの、

1938年1月28日の「デイリ-・テレグラフ」紙と「モ-ニング・ポスト」紙に掲載されています。

南京で日本兵によって虐殺された中国人市民の数は二万人と見積もられ、

その一方で、若い少女を含む何千人もの女性が辱めを受けました。     

金陵大学緊急委員会の米国人議長は1937年12月14日、日本大使館に書簡を送り、

「私たちはあなた方に対して、日本軍と日本帝国の名誉のために、

そしてあなた自身の妻、娘、姉妹のために、

あなた方の兵士から南京市民の家族を守っていただけるよう強く要望します」と書きました。

しかし、「この声明にもかかわらず、残虐行為は野放しで続いた」と特派員は書き記しています。・・・・

以下省略

 

これ以外にも1938年5月10日(第101理事会)と9月19日(第102理事会)で

中国政府は無差別爆撃・化学兵器使用・非戦闘員虐殺等で国連に訴えています。