中国人強制連行

連行費用の国費負担
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/06/01 13:58

運輸通産省は「時局がら港湾荷役力の維持増強を図るため、

「華人労務者の移入に伴う企業者の特別負担に対し補助することに要する予算」や

その他の理由をつけて補助金を出しています。

    1944年9月26日    2,263,000円  天皇の勅裁

    1945年1月12日   3,805,000円

 また、連行と昼夜作業場でのトラブル対策用として

    1945年1月      2,908,000円

 合計で897万円もの金を国が負担して強制連行をしたことになります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文