報道の質

日本の報道は正確か?
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2017/10/14 9:45

2011年3月11日の大震災に続く原発事故のとき、多くの国民はテレビや新聞の報道に疑問を感じ始めました。

実はそれ以前から「マスコミの報道は正確なのだろうか?」と言う事が囁かれていました。

原発事故のときにはっきりと表面化したのでしょう。

私たちは日本の国内にいると自分の国の報道が正確かどうかわかりません。

同じように私達が批判的に見る外国も、

その国に住んでいる人にとっては自国の報道に疑問を持っていないのかもしれません。

 

世界で報道の自由度を調べている団体の資料を取り上げてみます。

有名なのはフランスの「国境無き記者団」とアメリカで活動する「フリ-ダムハウス」です。

2017年発表では日本の報道の自由度は国境無き記者団で72位、フリ-ダムハウスでは50位になっています。

先進国である日本がこんなに低いとは驚きです。

色々な理由が考えられます。

◎政治家の歴史認識に対する批判

◎防衛問題、特に北朝鮮問題

◎特定機密保護法案に対する批判

◎安全保障に関する各種法律に対する批判

◎沖縄の基地問題

◎領土問題

◎国連の決議や勧告に対する姿勢

日本の過去の戦争犯罪で南京事件や慰安婦問題は歴史的にも常識的にも世界の共通認識になっています。

2015年の日韓合意やそれ以前から度々日本は国連から韓国を受けています。

又、沖縄やアイヌその他在日朝鮮人等に対する差別も国連人権委員会から何度も勧告を受けています。

しかし、日本のではあまり報道されていません。

◎世界特にヨ-ロッパから日本はどう見られているか

これらのことに関して日本の報道機関はきちんと報道していないように思われます。

そして政府から、及び広告宣伝に関して広告代理店を通じて報道規制や忖度がされているように思われます。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文