放射線の危険性

ベータ-線
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/05/18 9:42

ベータ-線は電子が飛び出します。

これも電子と言う粒子です。

前にも書きましたがベータ-崩壊には色々のパタ-ンがあります。

マイナス電子を出す場合、プラス電子を出す場合、或いは電子を外から取り込む場合もあります。

ベ-タ-線を出しながら変化をし、多くは元素番号が1つだけ変化します。

または番号が変わらずに合計の数字だけが変わる場合もあります。

前項のラジウムの最後鉛の続きを書きます。

鉛Pb-214ベータ-線→ビスマスBi-214アルファ線→タリウムTl-210ベ-タ-線

鉛Pb-210アルファ線→水銀Hg-206ベ-タ-線→タリウムTl-206ベ-タ線→鉛Pb-206

(この-206鉛は安定しているので終わりです)

やっとこれで安定して終わります。

地上の鉛はこのようにして出来ました。

勿論これ以外にもアルファ崩壊ベ-タ-崩壊の組み合わせで色々な経路があります。

ベータ-崩壊の色々なパタ-ンの具体例も書いて見ます。

* ベ-タマイナス崩壊 β-崩壊

中性子が電子と反電子ニュ-トリノを放出しながら陽子に変わる。

陽子が増えるので原子番号が1つ増えるが中性子が減るので合計は変わらない。

ヨウ素I-131→キセノンXe-131(安定)

セシウムCs-134→バリウムBa-134(安定)

セシウムCs-137→バリウムBa-137(安定)

ストロンチウムSr90→イットリウムY-90(不安定)

このように半減期で崩壊したときに、安定すればそこで終わるのですが、

不安定だとさらに放射線を出しながら崩壊します。  

* ベ-タ-プラス崩壊 β+崩壊

陽子が陽電子と電子ニュ-トリノを放出して中性子になる。

陽子が1個へって中性子が1個増えるので元素番号がいつ小さくなるが合計は変わらない。

       アルミニウムAl-26→マグネシウムMg-26

       ネオジムNd-132→プラセオジムPr-132

* その他のベ-タ-崩壊については省略します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文