放射線の危険性

電離作用とエネルギ-
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/05/18 9:45

放射線の持つ電離作用が恐いと言いましたが、

それは放射線の持つエネルギ-が電離作用を起こすからです。

しかし放射線そのものには何の罪もなく、飛んでいるエネルギ-が恐いのです。

ですから飛び終わった放射線は大丈夫な事になります。

ピストルの弾丸と同じ事です。

弾丸が発射されて飛んでいる時に当たれば怪我をします。

しかし飛び終わってポトリと落ちた弾丸は手で持っても安全です。

放射線も同じで人体を通過したときにエネルギ-が身体の遺伝子を傷つける事が恐いのです。

飛び終わった放射線ですが、アルファ線は普通のヘリウム元素He-4で安定します。

ベ-タ-線は電子ですからエネルギ-を失うと消滅します。

ガンマ線は電磁波で光に準じますから遠くまでは飛びますがそのうちになくなります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文