事故による健康被害

北茨城市の甲状腺検査
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2015/12/12 10:03

2015年8月29日、茨城県北茨城市発表

甲状腺超音波検査事業実施結果

年度

事故当時年令

受診者

がん診断

25年度

0歳~4歳

1,184人

0人

26年度

0歳~18歳

3,593人

3人

  合計

4,777人

3人

この結果に対する「北茨城市甲状腺超音波検査事業検討協議会」からのコメント

1     検査は「スクリ-ニング検査」であり、通常の健康診断と同様、一定の頻度で「要精密検査」、

   「がん」と診断される方がいらっしゃること

2 平成26年度の精密検査の結果、3名が甲状腺がんと診断されたこと

3 この甲状腺がんの原因については、放射線の影響とは考えにくいこと

 

 さてこの4,777人に対して3人のがんを100万人に換算すると628人の甲状腺がんになります。

 常識的に多いと感じるはずですが、県の公式コメントは「放射線の影響とは考えにくい」となっています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文