チェルノブイリ事故について

事故の汚染面積
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/05/22 16:13

1986年4月26日チェルノブイリで原子力発電所の爆発事故が起きました。

チェルノブイリの事故でどれだけの面積が汚染されたのか?

ロシア、ベラル-シ、ウクライナ3ケ国のセシウム-137で汚染された面積です。

            強制避難地域         148万Bq/平方m 以上

            強制(義務的)移住地域    55.5万~148万Bq/平方m

            希望で移住が認められる     18.5万~55.5万Bq/平方m

            放射線管理が必要な地域      3.7万~18.5万Bq/平方m

今回の福島の事故でも分かりますが、

国民世論が活発(?)でマスコミの報道が自由(?)な日本ですらもめているのですから

この基準の設定が妥当かどうかも分かりません。

また汚染面積をどうやって正確に調べたのか分かりませんが、下記のような結果です。

参考にはなります。

国名

 

     セシウム-137の汚染レベル   Bq/平方m

3.7万~18.5万

18.5万~55.5万

55.5万~148万

148万以上

ロシア

ベラル-シ

ウクライナ

48,800平方km

29,900平方km

37,200平方km

5,720平方km

10,200平方km

3,200平方km

2,100平方km

4,200平方km

900平方km

300平方km

2,200平方km

600平方km

合計

115,900平方km

19,120平方km

7,200平方km

3,100平方km

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文