経済効果と国民負担

地産地消の考え
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/02/18 9:01

食料品では地域で生産したものを地域で消費するという地産地消と言う考え方がありますが、

電力でも同じようなことが言えます。

電力の安定供給を考えると難しい点もありますが、

送電ロスや事故を考えると発電した場所で使うというのはとてもよい方法でしょう。

日本の市町村ごとに再生エネルギ-の供給量と需要量を推計して

100%以上をまかなえる地帯を「エネルギ-永続地帯」とした統計があります。

* 100%電力永続地帯市町村一覧  2010年3月(永続地帯2011年版報告書)

                           コロンブス1012年10月号より転載

                  共同研究千葉大学法経済学部倉坂秀史教授

                      環境エネルギ-政策研究所(所長飯田哲也)

SCN_0087

 

この統計はあくまでも推計です。

82の市町村が100%エネルギ-をまかなえる事がわかります。

1位の九重町は27倍です。

これが実現すれば国民負担は大幅に削減できる事になります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文