PM2.5

呼吸器系への影響
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/05/28 15:53

呼吸形態・1回換気量・呼吸数・粒子の大きさによって、体内に沈着する場所や率は異なりますが、

微小粒子については下気道領域や肺胞領域に到達し沈着すると思われます。

志願者や動物による実験では次のことが分かっています・

1)気道や肺に炎症反応を誘導し、より高濃度な曝露の場合、肺障害が生じる

2)気道の抗原抗体反応を増強し、喘息やアレルギ-性鼻炎を悪化させうる

3)呼吸器感染の感受性を増加させる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文