PM2.5

循環器系への影響
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/01/16 11:19

可能性として考えられるのは下記の通りですが殆どが判明していません。

特に粒子が血管に移行する経路は特定されていません。

あくまでも可能性です。

  * 肺組織を透過して血管や循環器に直接影響を与える

  * 呼吸器内に存在する知覚神経末端を刺激して自律神経に変調をきたす

  * 呼吸器内の炎症反応を介して血液凝固系の促進をする

動物実験や人間の志願者による実験では想定されるメカニズムは次のように特定されています。

  1. 呼吸器系の刺激や自律神経機能への影響を介し、不整脈、心機能に変化が生じやすくなる。
  2. 生理活性物質や過酸化物の増加等を起こし、血管系の構造変化を促進する。

血小板や血液凝固系の活性化、血栓形成の誘導等を介し、血管狭窄性病変を起こしやすくし、

心臓に直接的、間接的悪影響を及ぼす可能性はあります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文