PM2.5

発生源から見る分類
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/01/16 11:07

前の概念図で分かりますが、さらにもっと細かく説明します。
  A 一次生成粒子

堆積物の破砕や研磨等の細粒化や物の燃焼によって最初から微粒子として生成されるもの。
     比較的粗大粒子が多く
     大気の滞在時間  数分~数時間
     空中移動距離   数m~10Km

     1. 煤煙・燃焼  石炭や石油の燃焼により発生する
     2. 粉塵     物の破砕等により発生
     3. 土壌粒子   風塵・砂塵嵐により発生
                Si(珪素)、Al(アルミニウム)、Ti(チタン)、Fe(鉄)を含む
                黄砂もその内に入る
     4. 海塩粒子   海面から発生。CaCO3(炭酸カルシウム)、NaCl(塩化ナトリウム)等
     5. タイヤ磨耗粉塵、スパイクタイヤ 
     6. 植物性粒子
     7. 動物性粒子
     8. 宇宙塵

  B 二次生成粒子

固定の場所や移動最中の燃焼に伴って発生する硫黄化合物、窒素酸化物、塩化水素等のガス状物質が、

主として化学反応により核生成、凝縮、等により生成される。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文