講演録:免疫と蛋白質~コラ-ゲン美容まで

要約~終わり
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2015/08/13 11:00

これが今日のお話ですが、要約すると

   1. 微生物は蛋白質である事

   1. 微生物の侵入(感染)防ぐには蛋白質をそのまま取り入れないこと

   1. 身体は自分の蛋白質と自分以外の蛋白質をきちんと見分けていること

   1. 身体は蛋白質をアミノ酸まで細かく消化してから吸収すること

   1. 良質な蛋白質、コラ-ゲンは免疫反応に引っかかりアレルギ-症状を起こす可能性があること

 

余談ですが・・・・ニカワを大量に使用していた業界は写真フィルムの業界です。

フィルムの表面には必ずニカワが使われます。

写真のデジタル化が進みフィルムがなくなりました。

ニカワを扱う技術に優れたメ-カ-がコラ-ゲン美容として化粧品に進出してきた事は皆さんご存知の事と思います。

ただ免疫反応に引っかからないように、コラ-ゲンを細かく分断して

「ペプチド」や「アミノ酸」にして使っていると思われます。

使用後に免疫の炎症で顔が少し火照るかもしれません。

 

今日のお話は以上です。

 

少し難しかったかもしれませんが、有難うございました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文