講演録 最新デ-タ-から見る高血圧

降圧剤の費用
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2016/01/09 12:58

この表は2008年までの出荷額ですがその後もっと増えているはずです。

SCN_0073 降圧剤費用

 

以前は薬の種類が少なかったので、高血圧患者の全員が薬を飲むと売上げは一定になります。

そのためでしょうか(?)1999年にWHOのガイドラインで、ARB(アンジオテンシン系降圧剤)が第一次選択剤に

追加されました。

つまり一人の患者に従来の薬の使用量はそのままで、プラスARBも追加して出されるようになったのです。

その分だけ追加で売上げが増えてきます。

グラフで明らかですね。

しかしそれでも全員が薬を飲むと、何年後かに再び売上げは一定になってしまいます。

次は基準を厳しくして患者を増やせばよいのです。

年代がピタリと符合していると思いませんか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文