コレステロ-ルを含む食品の摂取制限解除 1

コレステロ-ルは少し高めのほうが安全であことは少しずつ常識になりつつあります。

食品に含まれるコレステロ-ル、つまり卵、ウニ、イクラ等の制限も必要ないようにも思えます。

アメリカや日本でもやっとその兆候が出始めました。

●アメリカ・食生活ガイドライン諮問委員会「2015年度報告書」 2015年2月19日発表

・・・・これまでのガイドラインでは、コレステロ-ルの摂取は1日300ミリ以内に抑えることを勧告してきた。

2015年版のガイドラインにはこの勧告は盛り込まない。

食事によるコレステロ-ルの摂取と血清(血中)コレステロ-ルの間に

特段の因果関係はないことが実証されている。

コレステロ-ルは過剰摂取を懸念すべき栄養素とは見なさない・・・・

 

日本でもコレステロ-ルの摂取制限を撤廃する動きが出ています。

以下、厚生労働省の報告を中心に書きます。

「日本人の食事摂取基準(2015年度版)策定検討会」報告書  厚生労働省

注:この報告書にはコレステロ-ル関連で糖尿病患者や高血圧患者への対応についても報告されています。    

●基本的事項     

コレステロ-ルは体内で合成できる脂質であり、

12~13mg/kg体重/日(体重50kgの人で600~650mg/日)生産されている。

摂取されたコレステロ-ルの40~60%が吸収されるが、

個人間の差が大きく遺伝的背景や代謝状態に影響される。

このように経口摂取されるコレステロ-ル(食事性コレステロ-ル)は

体内で作られるコレステロ-ルの1/3~1/7を占めるのに過ぎない。

また、コレステロ-ルを多く摂取すると肝臓でのコレステロ-ル合成は減少し、

逆に少なく摂取するとコレステロ-ル合成は増加し、

抹消への補給が一定に保たれるようにフィ-ドバック機構が働く。

このためコレステロ-ル摂取量が直接血中コレステロ-ル値に反映されるわけではない

●目標量の設定     

動脈硬化関連疾患に関しては、卵(鶏卵)はコレステロ-ル含有率が高く、また日常の摂取量も多いため、

卵の摂取量と疾患リスクを調べることにより、コレステロ-ル摂取による疾患リスクが推定されている。

卵の摂取量と動脈硬化性疾患との関連を調べた2013年のメタ・アナリシスでは、

卵の摂取量と冠動脈疾患及び脳卒中罹患との関連は認められていない。

日本人を対象にしたコホ-ト研究のNIPPON DATA80でも、

卵の摂取量と虚血性心疾患や脳卒中による死亡率との関連はなく

1日に卵を2個以上摂取した群とほとんど摂取しない群との死亡率を比べても有意な差は認められていない

卵の摂取量と冠動脈疾患患者との関連を調べたJPHC研究でも、

卵の摂取量と冠動脈罹患との関連は認められていない。

また糖尿病患者においても、卵の摂取量と冠動脈疾患罹患との関連は認められておらず、

横断的な卵の摂取量と糖尿病有病率との関連も認められていない。

卵の摂取量ではなく、総コレステロ-ル摂取量と

各疾患の死亡率との関連を調べた日本人を対象にした観察研究が一つある。

ハワイ在住日系中年男性(45~68歳)を対象とした観察研究では、

食事性コレステロ-ル摂取量と虚血性心疾患死亡率との間に有意な正の相関を認め、

325mg/1,000 kcal以上の群で虚血性心疾患死亡率も増加を認めている。

ただし、飽和脂肪酸摂取量で調整されていないため、コレステロ-ル摂取自体が原因ではなく、

同時に摂取する飽和脂肪酸摂取量が影響している可能性がある。・・・・・

コレステロ-の摂取量は低めに抑えることが好ましいものと考えられるものの、

目標量を算定するのに充分な科学的根拠が得られなかったため、目標量の算定は控えた。

ただし、コレステロ-ルは動物性たんぱく質が多く含まれる食品に含まれるため、

コレステロ-ル摂取量を制限するとたんぱく質不足を生じ、

特に高齢者において低栄養を生じる可能性があるので注意が必要である。        

注:メタアナリシス meta-analysisi                     

   複数のランダム化比較試験の結果を統合し、より高い見地から分析する           

   メタ分析、メタ解析とも言われる。          

注:コホ-ト研究           

研究対象と対象外の集団とに分けて一定期間追跡、観察する研究          

JPHC研究           

コホ-ト研究の一種で多目的なコホ-ト研究