健康食品と肝臓障害

肝臓障害に関する色々なデ-タ- 3
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2019/06/01 10:26

次に薬による肝臓障害に限って統計をみます。

肝障害の原因になる薬物は色々ありますが、健康食品はどのランクにあるのでしょうか。

●日本内科学会の雑誌(2015年)の論文からです。

原因の薬剤を1剤に特定できた879例での検討です。

1997年~2006年をその前の10年間と比較したものです。(大体です)

 

起因薬

1997年~

   2006年

1989年~

   1998年

抗生物質14.3%126例22.0%
精神科・神経科薬10.1%89例7.8%
健康食品10.0%88例0.7%
解熱・鎮痛・抗炎症薬9.9%87例11.9%
循環器薬7.5%66例6.5%
漢方薬7.1%62例4.7%
消化器用薬6.1%54例7.4%
一般市販薬5.5%48例5.8%
ホルモン製剤3.6%32例4.6%
抗アレルギ-薬3.2%28例3.7%
造血・血液凝固関係製剤2.8%25例3.5%
高脂血症薬2.7%24例0.7%
抗がん剤2.6%23例2.9%


この表で気が付くことは    

◎抗生物質や解熱.鎮痛.抗炎症薬が減る傾向にあることです。     

 医師も患者も薬の乱用に関して注意するようになったからでしょう。

◎健康食品、漢方薬、高脂血症薬の被害が増えていることです。     

 特に健康食品が急激に増えています。     

 この10年で14倍になっています。     

 最近の宣伝の激しさをみると、現在は更に増えていることが予測されます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文