追加:日本で死亡者が少ない理由、過度な殺菌・消毒について

欧米と比べて日本人の死亡者が少ないと話題になっています。

理由は色々あると思いますが、

まず「免疫の暴走が少ないこと」と

肥満が少ないこと」が考えられます。

これ等については前の方で「重症化とサイトカイン暴走」と

「血圧が上昇する仕組みとACE-2」に書きました。

 

更に考えられることを追加します。

「交差免疫」

●島国の日本で昔に類似したウイルス感染があり

 抗体保持者が多いこと。

 もともとインフルエンザ以外の

 普通の風邪は従来からコロナウイルスです。

 そのコロナウイルスの遺伝子の一部が変化したのが

 サ-ズやマ-ズそして現在の新型コロナウイルスです。

 変異のスピ-ドが早いため

 過去に色々な新型が生まれていた可能性があります。

 重症化しない程度に流行したコロナウイルスに感染して、

 多くの人が自然に抗体を持っている可能性があります。

 その場合新型に感染・発症しても軽く済むと思われます。

 そのことを最近よく聞かれる

 交差免疫という言葉で説説明します。

 

●交差免疫

 最近マスコミに交差免疫という言葉が登場します。

 あまり聞きなれない言葉です。

 簡単に言うと免疫が働くために

 抗原と抗体の反応がぴったり一致すると

 免疫力が働きますが、

 過去に類似した抗原に感染して

 その抗体が体内にあると、

 もし新規に感染したとき、

 類似しているため過去の抗体が作用する、

 という考えです。

 完璧きではないが、

 類似しているため軽く抗体は作用し、

 病気に罹っても軽く済むというわけです。

 分かり易く新型コロナウイルスとして図で説明します。

    京都教育大学紀要 No.113 

    細川友秀氏論文を参考にしました。

 ◎左側がウイルスで、その右側の

  長方形に出っ張っているところが抗原になります。

 ◎右側は過去に罹ったウイルスに対する抗体です。

  AからEまで色々なコロナウイルスに対する

  抗体が体内にあります。

 ◎Aは半分しかキャッチできないので効果はありません

 ◎Bは殆どキャッチしますが根元まで入らないので

  あまり効果はありません

 ◎Cは完全にキャッチしますので抗体として完全に成立します

 ◎Dは根元まで入りますがそこに隙間が残るのであまり

  完全ではありません

 ◎EもDと同じです。

●結論は

 ◎きちんと感染して抗体が出来ればCが出来ますので

  次回には強力に働きます。

 ◎過去に類似したコロナウイルスに感染して

  B,D,Eの抗体があれば感染は軽く済みますが、

  きちんとしたC抗体は出来ないと思われます。

 

それ以外に考えられること 

●白血球の型、HLAの遺伝子型が欧米人とは少し違う可能性がある。

 血液型ではA・B・Oが有名ですが、

 臓器移植の場合白血球の型、HLAが問題なります。

 その型がアジア人と欧米人と違う可能性があります。

●過去のBCG接種

 

色々ありますがまだ仮説の段階ですので

これからの研究が待たれます。。

 

「過度な殺菌・消毒の危険性」

 パニックを起こしている私たちは

 アルコール、塩素、界面活性剤(洗剤)等で

 過度の消毒をしています。

 その結果起きる事を想像します。

●皮膚の炎症や過敏症、アレルギ-が増えると思われます。

●皮膚のバリア-を日常的に破壊しているので

 皮膚からの新規感染を起こしやすくなる。

●環境中の微生物が耐性を持つ。

●身体に共生している常在微生物(善玉)が死滅するので、

 菌叢バランスが崩れ新規感染が起きやすくなる。

 これから夏場を迎えるので過度な殺菌は危険だと思われます。