お知らせ

修正をしました

2016/03/19 10:06

2月15日に福島県の健康調査の検討会が開かれました。

そこで子どもの甲状腺がんの発表がありました。

やはり増えています。

「原子力発電と放射線」の

「事故による健康被害」の

「福島の小児甲状腺がん」の数字を書き直しました。

 

事故の後、5年が過ぎました。

甲状腺がんは放射性ヨ-素によるものです。

放射性ヨ-素の半減期は約8日なので、現在はもうないと考えてよいでしょう。

ですから甲状腺がんは初期の被ばくの影響です。

これからは半減期の長いセシウム、ストロンチウム・・・その他の放射性元素によるがんが心配になります。

白血球、眼、心臓、肺、筋肉、生殖器、免疫系・・・・等の検査も大事になります。