お知らせ

今日の更新も報道の質です

2019/08/17 11:28

アメリカ「フリ-ダムハウス」のランクを最新の2019年版に加筆しました。

来週は国連デイヴィッド・ケイの報告書を書き直す予定です。

 

毎年同じ傾向なのですが、8月はこのホ-ムペ-ジの訪問者が増えます。

今年は・・・・下記の通りです

 12日-456人、

 13日-493人、

 14日-899人、

 15日-842人、

 16日-660人

全国(世界)、毎日これだけの人が読んでいるという事は、書いている私の励みにもなります。

最近若い人の間で過去の戦争を学ぶことが盛んなようです。

とても良いことだと思います。

8月15日になると、靖国神社がニュ-スに出ます。

戦争で亡くなられたご遺族にとっては複雑な想いです。

よく言われることは

 ☆国家や私達を守る為に死んだ・・・・・

 ☆戦後の復興と繁栄は戦没者のおかげだ・・・・

ですから肉親の死を「犬死」と言われると辛くなります。

しかし、

日本は最初は加害者としてアジアを侵略し、最後に被害者として負けたのです。

ですから靖国神社の祀られている軍人は、国家を守るというより侵略で死んだ側面があります。

被害者として亡くなった、沖縄・広島・長崎・本土空襲の犠牲者は靖国神社には居ません。

政治家・軍人等の一部の人間の暴走で侵略戦争で亡くなった軍人は国家の犠牲者です。

そして戦争を支持したのは私達の先祖である日本人です。

ですから2度と戦争への道を進んではいけないし、その兆候を見逃してはいけません。

そのために過去の歴史をきちんと学ぶ必要があると思います。

 

いくらかでもお役に立てるようにこのホ-ムペ-ジを書いています。