お知らせ

新型コロナウイルスに関して

2020/02/22 11:09

今日はお知らせだけです

ホームページ本体は良く見られていますが、お知らせはあまり読まれません。

でも時々は良いことも(?)書きます。

 

新型コロナウイルスについて                                   

「遺伝子の型」

遺伝子には1本鎖のRNAタイプと2本鎖のDNAタイプがある。 

人間はDNAタイプ 

ウイルスには両方のタイプがある。 

コロナウイルスはRNAタイプのウイルス

「RNAタイプの他のウイルス」 

☆ポリオウイルス(小児麻痺) ☆風疹ウイルス ☆エイズウイルス 

☆インフルエンザウイルス ☆麻疹(はしか)ウイルス ☆狂犬病ウイルス 

☆エボラ出血熱ウイルス ☆その他多くのウイルス

「コロナウイルスの大きさ」

20~220nm(ナノメ-トル)   

(参考)

1メートル(1m)の1000分の1 →   1ミリメ-トル(1mm) 1メートルの1000分の1     

1ミリメ-トル(1mm)の1000分の1 → 1マイクロメ-トル(1μm)1メートルの100万分の1     

1マイクロメ-トル(1μm)の1000分の1 →  1ナノメ-トル(1nm) 1メートルの10億分の1     

1ナノメ-トル(1nm)の1000分の1  → 1ピコメ-トル(1pm)  1メートルの1兆分の1  

つまりコロナはメ-トル基準で見ると 1メートルの10億分の20~220の寸法

「他の物質との比較」 

 名称μm(マイクロメ-トル)nm(ナノメ-トル)
海岸の細かい砂90 
人の髪の直径70 
小麦粉30~80 
湿った霧10~50 
花粉10~50 
PM2.52.5 
人の細胞6~25 
農薬 (煙霧)1~15〔平均5~7〕 
煙霧0.01~1.010~1000
大腸菌1~2 
煙草の煙0.001~0.011~10
大きいウイルス0.02~0.820~800
コロナウイルス0.02~0.2220~220
肝炎ウイルス0.03636
ノロウイルス0.035~0.0435~40
においの粒子0.001~0.0201~20

    注:マスクをして香りが分かるという事はウイルスも通過する可能性があります。

「通常のヒトコロナウイルス」 

 ☆潜伏期間 通常2~4日

 ☆鼻汁、鼻つまり、くしゃみ、咽頭痛

 ☆発熱 感染者の10~20%

 ☆約1週間ほどで治り、免疫を獲得する

   注:今回は新型の為同じとは限らない

「予防」

 ☆マスク

   ウイルスの大きさを考えると効果は少ない

   咳やクシャミで飛沫として出た場合は大きくなるので防げる

   家で使用するスプレ-類や匂いの粒子についた場合は小さいので防げない(エアロゾル)

 ☆うがい

   水道の水で洗い流す

   うがい薬は、他の良い常在菌まで殺すので良くない

 ☆手洗い

   アルコ-ルはすぐ蒸発するので、ウイルスを殺す前に効果が無くなる

   石鹸で良く洗い、流水で流すのが安全

「感染~死亡」

 感染・発病・重症化・死亡は別の問題

感染しても発病しなければ良い

発病しても治れば良い

重症化しても治れば良い

「感染したら」

通常の風邪と同じで感染しても潜伏期間ではわかりづらい

「発症したら」

なるべく熱を下げない。    

→38.5度位は安全   

発熱は免疫反応で、熱に依ってウイルスの活動を抑えている。   

その間に身体の免疫力を上げるように働いている。 

☆水分補給し安静にする 

☆部屋の湿度を低くしない

「治療」

基本的にウイルス感染には治療法はない

☆肺炎の悪化を防ぐために呼吸管理つまり酸素吸入  

 その間に免疫力で回復するのを待つ

「薬は効くか」

☆抗生物質はウイルスには効かない

    ウイルスは細胞の中で増殖する。抗生物質は細胞の中に入らない

「抗ウイルス薬」

病気を治すのではなく、ウイルスの増殖を抑える 

効果があるかどうかのテスト  

☆エイズの治療薬  ☆インタ-フェロン  ☆タミフル リレンザ ゾフル-ザ  他

「ワクチン」

他のRNAウイルスのワクチンが使えるか?

☆ポリオ、風疹、インフルエンザ、麻疹(はしか)、狂犬病・・・・

「重症化→死亡」

☆免疫力があれば自然治癒する 

☆免疫力の低下している人は要注意

   →乳幼児

   →持病のある高齢者

   →薬やサプリ、健康食品の副作用のある人

     特に逆流性食道炎の治療やピロリ菌除菌で PPIの薬を飲んでいる人

       タケプロン、オメプラ-ル、パリエット、ネキシウム・・・・

ウイルスの新型化

☆ウイルスはDNA型とRNA型があります。

DNA型は人間と同じで染色体が1組2本です。

片側が変化しても反対の片側がフォロ-するので変化は少ないのです。

それに対してRNA型は1組1本なので、変化した場合フォロ-しないので簡単に新型になります。

☆新型の例  

◎今年の風邪は長引くね~  

◎今年の風邪は治っても咳が残りますね~  

◎今年の風邪は熱があまりないのに頭痛がありますね  

◎今年の風邪は軽いのに鼻水とつまりがひどいですね~

これ等は皆新型と考えてください。

風邪の様な症状を起こすウイルスは腸炎を含めて何百とあります。

それが絶えず変化しています。

インフルエンザでもA型だけでも理論上144型。

その中で人間が発病するのは5~6種類ですが、その中でも細かい変異は絶えずあります。

私たちは毎日沢山のウイルスに感染し免疫で勝っています。

  ◎なんとなくだるい  早く寝よう

  ◎軽い頭痛がしていたけど 今朝治った

  ◎朝熱っぽかったのに 仕事をしていたら忘れて いつの間にか治った

ですからウイルスとの戦いは免疫力があるかどうかです。

問題は人間の免疫より強い病原性があるかどうかです。

 

子どもの病気でヒブ(Hib)があり、予防接種があります。

10種類以上も細かい型がありますが、これも通常10歳くらいまでに、

軽い感染と自然治癒を繰り返して 抗体が出来ます。

気が付かないうちにです。

ですから免疫力を強くするには感染と治癒の繰り返しが重要です。

最近の様に清潔重視で殺菌・殺菌では免疫には不利になります。

 

微生物との共生

私たちの身体は中も外も微生物に囲まれ共に生きています。

色々な微生物が身体に常在してバランスよく暮らしています。そのため発病をしません。

そこで過度な殺菌をするとバランスがくずれます。

微生物は薬品に耐性を持つか、変化して新型になります。

トイレ、浴槽、台所、ボディ-ソ-プ・・・・清潔は良いのですが、せっかく住んでいる微生物を攻撃す

ることになります。

殺菌と洗浄は違います。

殺菌しないで石鹸で洗い流す方が安全だと思います。

消毒剤、殺菌剤の乱用は控えるべきです。

 

後は先週と同じ内容です。

少人数の集まり、座談会、講座、懇親会等があればいつでもご協力しますの声をかけてください。

目的はこのホ-ムペ-ジの理念でもありますが、多くの方に正確な知識を持っていただきたいからです。

 ◎中高年の勉強会・主婦の集まり・PTA・友人の集まり・若い学生さんの集まり

 ◎数人の雑談・茶話会・講座・・・・形式は何でも、3人位から?

 ◎費用 私は東京の江東区ですので、近くは良いですが離れたところは交通費の実費を頂ければ助かります。

     資料が必要な場合は若干コピ-代を頂ければ。

 ◎内容はこのホ-ムペ-ジにあることを中心に、その他知っていることは何でも。

 

ホ-ムパ-ジの本文は読まれますが、お知らせはあまり読まれていないようなので毎回書きます。

しつこくてスイマセン。