南京事件

個人所有の機密写真
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2017/10/07 9:27

写真は今回が最後です。

当時は戦地から帰ってくるときは厳しく携帯品検査をし、

写真等の持ち込みは厳しく禁止されていました。

そのため証拠写真が少ないのです。

以下の写真は本人が手帳などに挟んで持ち帰ったものです。

枚数は4枚しかありませんが、

すべて、専門家の手でコンピュ-タ-解析をして本物と確認されています。

ほとんどは他の個人写真と同じカメラで撮影されたものであることも分かりました。

 

.◎↓ 写真の裏のメモ「南京」と書かれている

    死体の山である

南京個人写真 1 

◎↓メモはない

   捕虜の首を斬った直後である

南京個人写真 2 

 

◎↓写真裏メモには「南京」と書かれている

   死体の山である

南京個人写真 4 

 

 ◎↓写真裏のメモ「武昌岸壁 黄鶴楼の壁画」と書かれている

   死体の写真ではないc

南京個人写真 3 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文