極東国際軍事裁判 4

1948年11月に判決が下されました。

膨大な判決のうち南京事件に関するものを書きます。

判決文  第八章 通例の戦争犯罪   11月11日 朗読

1937年12月の初めに、松井の指揮する中支那派遣軍が南京市に接近すると、

100万の住民の半分以上と、国際安全地帯を組織するために残留した少数のものを除いた中立国人の全部は、

この市から避難した。

中国軍は、この市を防衛するために、約5万の兵を残して撤退した。

1937年12月12日の夜に、日本軍が南門に殺到するに至って、

残留軍5万の大部分は、市の北門と西門から撤退した。

中国兵のほとんど全部は、市を撤退するか、武器と軍服を捨てて国際安全地帯に避難したので、

1937年12月13日の朝、日本軍が市に入ったときには、抵抗は一切なくなっていた

日本兵は市内に群がってさまざまな残虐行為を犯した。

目撃者の一人によると、日本兵は市内を荒らし汚すために、

まるで野蛮人の一団のように放たれたのであった。

目撃者達によって、市内は捕らえられた獲物のように日本人の手中に帰したこと、

同市は単に組織的な戦闘で占領されただけではなかったこと、

戦いに勝った日本軍は、その獲物に飛びかかって、際限のない暴力を犯したことが語られた。

兵隊は個々に、または2~3人の小さい集団で、

全市内を歩きまわり、殺人・強姦・略奪・放火を行なった。

そこには、なんの規律もなかった。

多くの兵は酔っていた。

それらしい徴発も口実もないのに、中国人の男女子供を無差別に殺しながら、兵は町を歩きまわり、

遂には所によって大通りや裏通りに被害者の死体が散乱したほどであった。

他の1人の証人によると、中国人は兎のように狩りたてられ、動くところを見られたものは誰でも射撃された。

これらの無差別の殺人によって、日本側が市を占領した最初の2,3日の間に、

少なくとも1万2000人の非戦闘員である中国人男女子供が死亡した。

多くの強姦事件があった。

犠牲者なり、それを護ろうとした家族なりが少しでも反抗すると、その罰としてしばしば殺されてしまった。

幼い少女と老女さえも、市内で多数に強姦された。

そして、これらの強姦に関連して、変態的な嗜虐的な行為の事例が多数あった。

多数の婦女は、強姦されたのちに殺され、その死体は切断された。

占領後の最初の1ケ月に、約2万の強姦事件が市内に発生した

日本兵は、欲しいものは何でも、住民から奪った。

兵が道路で武器を持たない一般人を呼び止め、体を調べ、

価値のあるものが何も見つからないと、これを射殺することが目撃された。

非常に多くの住宅や商店が侵入され、掠奪された。

掠奪された物資はトラックで運び去られた。

日本兵は店舗や倉庫を掠奪した後、これらに放火したことがたびたびあった。

最も重要な商店街である太平路が火事で焼かれ、

さらに市の商業区域が一劃々々とあいついで焼き払われた。

なんら理由らしいものもないのに、一般人の住宅を兵は焼き払った。

このような放火は、数日後になると、一貫した計画に従っているように思われ、6週間も続いた。

こうして、市内の約1/3が破壊された。

男子の一般人に対する組織立った大量の殺戮は、

中国兵が軍服を脱ぎ捨てて住民の中に混りこんでいるという口実で、

指揮官らの許可と思われるものによって行われた。

中国の一般人は一団にまとめられ、後ろ手に縛られて、

城外へ行進させられ、機関銃と銃剣によって、そこで集団ごとに殺害された。

兵役年齢にあった中国人男子2万人は、こうして死んだことがわかっている。

ドイツ政府は、その代表者(注:ラ-ベの事)から、

個人ではなく、全陸軍の、すなわち日本軍そのものの暴虐と犯罪行為」について報告を受けた。

この報告の後のほうで、「日本軍」のことを「畜生のような集団」と形容している。

城外の人々は、場内のものよりもややましであった。

南京から200中国里以内のすべての部落は、大体おなじような状態にあった。 

         中略

次回に続く