三光作戦

婦女暴行
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/04/19 11:31

三光作戦では婦女子に対する暴行がかなりあります。

別なレポ-ト「軍による性暴力」に詳しく書きましたので、

ここでは1940年以降の事件を少しだけ表にしました。

ほんの一部で山東省だけです。

年月

事件の内容

被害

海陽

戦場泊

40.2.3

洞に隠れていた姉妹を引き出し、長女の服を剥ぎ取ったが胸を両手

で隠したので両手指を切落とし、最後は下腹部を刺殺、次女を裸に

して陵辱、自殺する

2名

寧津

李満庄

41.1.16

200余人の婦女を学堂に監禁して陵辱 14歳の少女を輪姦後、縛っ

てトウモロコシ殻で焼死させる

200人

東明

許庄

41.5.5.

妊婦を強姦しようとしたが、老婆と共に抵抗したので2人を射殺、

陰部と乳房を刀でえぐり、胎児も出す

3名

煙白

箕山

42.4

主婦の乳房と下腹部を裂いて殺害、孫の女児を刀で突殺して投棄

数人

東節

42.7.12

陵辱に抵抗した婦女を生埋めにする 42人の村民を拉致して

身代金を要求、支払えなかった6人を殺害

数人

蓬莱

大谷家

42.12.14

青壮年80人を煙台に連行、東北の炭鉱へ強制連行、婦女100余

を陵辱

100余人

肥城

安駕庄

44.9

強姦、輪姦の被害は70歳の老婆から8歳の少女まで、内死亡14名

147人

 

次に三光作戦と言われる事件の中で、いくつかの事件と手記を書きます。

残酷で辛い部分がありますがご容赦ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文