中国人強制連行

敗戦時の処理
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/06/01 14:36

 日本政府の調査資料で、日本に移入された中国人は 38,935人であることはわかります。

しかしこの数字は中国で日本軍に捕らわれた全ての人数ではありません。

無事に日本までたどり着いた人数です

中国人の多くは満州国へ連行されたり、現地中国の日本施設で、

女性の場合は軍慰安婦として強制労働させられました。

しかもその人数の方が圧倒的に多いのです。

しかし詳しいことは調査されていません。

日本に連行された人でも輸送途中で逃亡したり、荷物や家畜輸送以下の劣悪な状態の輸送のため、

日本に来るまでに多くの人たちは死亡しました。

そして無事に到着したのが38,935人なのです。

 日本が戦争に負けた後、中国人たちはどうなったのでしょうか?

   * 昭和21年2月末現在の数字です。

      総移入数            38,935人(中国現地港の乗船した数)

          死亡数           6,830人

          平均死亡率         17.54%

          中国への送還 終戦前   1,180人

                 終戦後   30,737人

          残留数    所在判明   100人

                 所在不明     88人

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文