日本の毒ガス戦

毒ガスの種類
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/03/22 10:14

毒ガスの種類としては7種類ですが、

その毒ガスを砲弾や爆弾に詰めた毒ガス弾には多くの種類があります。

毒ガスは見た目では判別が困難なことと、

敵を欺くために「赤・黄・茶」など色で識別しました。

毒ガスを詰めたガス段は帯状に色をつけて区別し「黄弾、赤弾、あお弾」等と呼びました

* 毒ガスの種類

呼称

ガス名

効果

きい(黄)  1号

イペリットガス

   通称マスタ-ドガス

皮膚に付くと水膨れ化膿し糜爛をおこす

吸込むと呼吸器、消化器を冒す

致死濃度 0.1ppm

きい   2号

ルイサイトガス

死の霧と呼ばれ、皮膚につくと痛みがあり糜爛をおこす

致死濃度 0.005ppm

ちゃ(茶) 1号

青酸ガス

致死性中毒ガス

運動麻痺を起こし数秒で即死する

致死濃度 0.249ppm

あお(青) 1号

ホスゲン

窒息性ガス

あか(赤) 1号

ジフェニ-ルシアンアルシン

くしゃみ嘔吐性ガス

みどり(緑) 1号

臭化ベンジル

催涙ガス

みどり(緑) 2号

クロロアセトフェン

催涙ガス

 

* 毒ガス弾の種類  上記の毒ガスを充填して色々な弾や装置が作られました。

使用する武器

使用する弾

75ミリ山野騎砲

92式きい弾 92式あか榴弾 92式あおしろ弾(ホスゲンと砒素の混合)

100ミリカノン砲

92式きい弾 92式あおしろ弾 93式あか榴弾

150ミリ榴弾砲

92式きい弾 92式あおしろ弾 93式あか榴弾 93式あお弾

軽迫撃砲

95式きい弾 95式あか弾

航空機爆弾

95式15キロあか弾 92式50キロきい弾 92式50キロあお弾

航空機用毒剤撒毒器

 

毒剤筒

97式あか筒

手榴弾

92式あか曳火手榴弾 92式あおしろ曳火手榴弾

撒布器材

牽引式撒車 手撒撒毒器

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文