日本の毒ガス戦

自衛隊による毒ガスの処理情況
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2015/08/29 12:31

自衛隊では残された資料や通報で判明した日本各地にある毒ガス類を処理しています。

その資料の一覧です。

通し番号が121番までつけられていますが、あまり多いので適当に省きます。

記録された期間は1951年6月から2001年2月分で発表は2002年6月です。

*戦後における旧軍毒ガス弾等の処理の状況

陸上幕僚監部装備部武器化学課化学室  2014年6月

 

発見・処理の場所

年月日

種類・数量

事案の概要

要請者

1

千葉県

習志野演習場

26.6.28

ルイサイト(ドラム)×3

演習中の自衛官14名負傷、

        米軍除染

 

2

静岡県浜名湖入江

27.6.1

イペリット(ドラム)×1

民間人負傷、1管除染

静岡県知事

5

福岡県小倉市

   曽根部隊

30.6

イペリット(弾)×17

コンクリ-ト密閉、海中投棄

(海自佐世保)

 

6

東京都新宿区

大久保百人町

30.7

イペリット(ドラム)、

ルイサイト(ドラム)×12

1管除染

処理方法不明

 

17

北海道標津町

伊茶仁

35.7.12

  ~13

イペリット(弾)×3

民間人6名負傷、

5管焼却処理

標津警察

  署長

18

稚内市

声問小沼橋北岸

35.7.27

 ~8.5

くしゃみガス筒

  10kg×2

第2武器隊

焼却処理

道警

本部長

30

留萌市

明元町4丁目

37.6.12

  ~14

くしゃみガス弾×1

第2武器隊

爆破処理

留萌警察

  署長

37

青森県むつ市

 浜奥田

37.10.4

  ~6

イペリット(弾)×1

海自が爆破処理

傷害発生

 

38

仙台市新浜海岸

37.11.8

  ~9

イペリット容器

(100kl)×10

東北方化学課

除染後埋没処理

宮城県警

 本部長

42

熊本県菊池郡

西合志村黒石

38.7.8

 ~9.22

イペリット(ドラム)×2

(300リットル)缶

第8武器隊、コンクリ-ト密封

海中投棄(海自佐世保)

熊本県警

 本部長

49

千葉県習志野市

39.11.18

旧軍ガスボンベ

大×2、小×4

第1武器隊

コンクリ-ト詰め、海中投棄

千葉県警

 本部長

50

北海道紋別郡

滝ノ上町

40.6.7

  ~12

くしゃみ性毒ガス弾

      ×1

第2武器隊

爆破処理

紋別区

 検察庁

59

青森県東津軽郡

平内町大字東

43.8.28

  ~31

イペリット弾×1

民間人死亡

第9武器隊除染

 

64

広島県竹原市

大久野島

45.1.12

  ~16

くしゃみ筒×650

13師団厚生省の処理に

協力

厚生省

66

千葉県銚子沖一の島

東北東32海里

水深2096m

45.3.2

  ~10

45.8.16

 ~10.2

イペリット(100kg入)

×33

化学学校支援

海中投棄(海自)

千葉県警

 本部長

82

北九州市小倉区

 日明

47.5.4

イペリット弾×1

第4武器隊

コンクリ-ト詰め、海中投棄

福岡県警

 本部長

75

和歌山県田辺市

46.2.15

毒ガス標本(アンプル)

     ×6

第3師団コンクリ-ト詰め、

海中投棄

和歌山県警

  本部長

76

石川県松任市及び

小松市

46.5.18

毒ガス標本(アンプル)

     ×11

第10師団コンクリ-ト詰め、

海中投棄

石川県警

 本部長

87

宮城県石巻

47.9.21

毒ガスびん×4

(イペリット等の標本)

東北方化学課

びん破壊、除染後埋没

宮城県警

 本部長

94

北九州市

49.5.31

旧海軍

10cmきい砲弾×1

第4武器隊

コンクリ-ト詰め、海中投棄

福岡県警

 本部長

96

東京湾富津沖

50.11.9

  ~18

旧海軍

 60キロイペリット爆弾

       ×6

 

コンクリ-ト詰め

海中投棄

千葉県

104

大阪府八尾市

(八尾高等学校)

53.9.19

イペリット×200cc

砒素×50cc

青酸×30cc

中方防衛部、

さらし粉で中和、

コンクリ-ト詰め、海中投棄

大阪府警

 本部長

107

宇都宮市戸祭町

弘法水(洞窟内)

55.3.3

  ~13

93式持久ガス筒

(くしゃみ剤、

ジフェニ-ルシアンアルシン)

×184

12武器隊

コンクリ-ト被膜で密封

海中投棄

栃木県知事

117

北海道屈斜路湖

湖底約40m

8.9.30

 ~10.20

100式50kg投下

きい弾×26

引揚安全化後、弟子屈町に保管

北海道庁

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文