防疫給水部(細菌戦部隊)

英国政府の立場
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/08/24 12:07

英国ロンドンの国立公文書館に保存されている

1955年5月25日付の資料「Claims againnsut Japan」によれば

「イギリス政府は日本に対して補償を要求しようなどという考えは捨てるべきである・・・・

何故ならば、そのような補償を要求すれば日本経済が大打撃を受ける・・・・

しかも、今までのところイギリス軍極東戦争捕虜協会であれ、それほど多くの抗議運動を繰り広げていないのに、

何故問題を大きくしなければならないのか・・・・

政府はこのような決定は公表するべきではない・・・・」と書かれています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文