軍による性暴力

地域別・日本国内、沖縄
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/05/05 11:40

軍慰安所は日本の植民地や占領地だけにあったのではなく国内にもありますし、

当然の事ながら多くの日本女性が慰安婦になっています。

外国や国内で慰安婦となった日本女性は一体どのようにして集められたのでしょうか?

1 もともとそのような仕事に付いていた女性たち

      * 内務省の「醜業を目的とする婦女の渡航について」を見ると条件は下記のようになっています。

       ・ 現在内地において娼妓その他事実上の醜業を営んでいる者

       ・ 満21歳以上であること

       ・ 花柳病その他の伝染性疾患の無い者

     この基準で九州遠賀川沿い、大阪飛田、松島、神戸福原・・・・

等の遊郭にいた女性たちが徴集されました。

2 人身売買された女性たち

貧しい農山村の娘たちが生活苦や口減らしのために身売りされた例です。

特に天草や東北の娘たちが女衒や業者によって人身売買されました。

身売りされた本人たちは従軍慰安婦になることを知らなかったとの手記が沢山あります。

3 騙されて慰安婦にさせられた女性たち

      これには色々なケ-スがあります。

       ・ 兵隊さんの身の回りの世話をする

       ・ 軍の事務員やタイピストになる

       ・ 慰問団の募集

       ・ 従軍看護婦が慰安婦にさせられた

 いずれの日本人慰安婦でも、この辛い仕事をするには、「国家や天皇のため」という「忠君愛国」思想が必要でした。

* 味坂ミリ子 さん 手記

天皇陛下は万が一の場合は全日本国民とともに自決なされるという話でした。

私はこの話を町の人々から聞いた時、悲壮になって、

私どもに出来ることならなんでもやろうと一大決心をしました。・・・・

私たちは本当に純真な気持ちで、

そして、私たちの肉体を捧げることによって御国を勝利に導く事が出来るとすれば、

この小さい肉体を、粉々に砕いても捧げたい気持ちだったのです。

* 中里チヨ さんの話(海南島で従軍看護婦をしていて、その時慰安婦から聞いた話として)

(日本人慰安婦の話は)私がもし死んだら戦死の広報が家族に届くのよ。

軍属だから遺骨は靖国に祭ってもらえるんですって(と、嬉しそうに話した)

* Y さんの話 (芸者をしていて18歳でトラック島で慰安婦になった)

・・・・軍属だから、死ねば軍人さんと同じに靖国神社へ入れてもらえるということでした。・・・・

あの頃の私たちは愛国心に燃え、若さもあり、日本のため、陛下のためと頑張りました。

このような気持ちで慰安婦になった日本人女性たちは、

戦後「英霊」として靖国神社に祭られることも、恩給の対象にもなりませんでした。

逆に日本の聖戦の恥部として無視され続けてきたのです。

 

日本国内にあった慰安所について分かる範囲で書きます。

* 千葉県木更津の第2海軍航空隊と木更津航空隊にあった慰安所

1942年、航空隊で憲兵隊長、総務課長、業者の会合が開かれ、軍の慰安所設置構想が提案されました。

(内容)

1 慰安所は航空隊と航空廠から直線3キロを隔て、民家の付近を離れる事

2   建物は2階建て30坪余り、15軒、最低3畳が7部屋

3 夜具用品は特配する

4 1戸に7人の慰安婦を置いて平均常時100名を維持しなくてはならない

5 出入りの場所には憲兵ボックスを設ける

6 業者は客の所属、階級、年齢を届け出る

7 この届け出には泊まりと時間を明らかにし、収受の金額を明示する

8 衛生用品と用具を備える事

9 1942年6月までに竣工すること

10 泊り7円50銭、1時間3円とする

これらの命令は、経営者や所有の一切は民間の責任にあり、軍には関係ないとされました。

工事は遅れ、結局1943年2月に6軒の慰安所が竣工しました。

* 千葉県には銚子、成東、茂原にも本土決戦に備えた沿岸防御部隊用の慰安所が設置されていたようです。

       ・ 茂原 7軒 ほとんどが10代の女性

 

[地域別・日本国内 沖縄]

   沖縄防衛にあたった第32軍の主力部隊は中国から移動してきた部隊です。

第24師団(通称 山部隊)は安東から、第62師団(石部隊)は中国から、第28師団は満州からです。

中国大陸から来た部隊ですから多くの虐殺や強姦を思いのままに行なってきた部隊です。

その上にもともとあった沖縄蔑視もあって、

中国大陸で中国人に接したような行動を沖縄でも取ろうとして問題になったようです。

* 石兵団(第62師団)会報 第49号 1944年 (原文カナ、意訳)

強姦は軍人の威信を失墜し民心離反もしくは反軍思想誘発の

有力なる訴因となるは過去の苦き経験の示す所なり・・・・

県人中には他府県人に比べ思想的に忘恩功利傾向大なる・・・・

当地域には貞操観念弛緩しある所あり

これの誘惑に乗ぜられ知らずの間に・・・・

姦通略取誘拐住居侵入等の犯罪を犯す事なかれ・・・・

注:中国での苦い経験があった事、沖縄人と国沖縄女性に対する蔑視がみられます。

* 石兵団 会報  1944年9月14日 仲間(注:沖縄の地名です) (原文カナ、意訳)

・・・・民家に立ち入る者未だ多数あり・・・・性的犯罪防止厳守の事・・・・強姦に対しては極刑に処す、

関係直属上官に至るまで処分する軍司令官の決心なり

* 石兵団 会報  1944年10月26日 浦添国民学校 (原文カナ、意訳)

性的犯行の発生にかんがみ各隊はこの種の犯行を厳に取り締られたし

* 軍並びに旅団に於ける副官会同会報事項 南地区司令部  1945年1月13日(原文カナ)

焼かず、取らず、犯さずの三原則に徹せよ

注: 中国での三光作戦の様なことを指しています。

 

日本軍は中国やアジアで行なったような民家を強制接収し、

慰安婦の強制連行はさすがに日本の本土内ではやっていません。

しかし沖縄は別のようで中国大陸と同じように慰安所を作ろうとして沖縄県知事から拒否されています。

* 第26代沖縄県知事 泉守紀の返事(軍が慰安所設置の指示を出した事に対して)

・・・・ここは満州や南方ではない。

少なくとも皇土の一部である。皇土の中に、そのような施設を作ることは出来ない・・・・

 注:つまり皇土以外の場所なら作っても良いと言うことです。

 結局、沖縄は現地自活・自給自足の方針から、南方や中国と同じように人や物資の現地徴発を強行しました。

  慰安所設営の方針は下記の通りでした。

     1 軍が新たに設営する

     2 公共施設の接収

     3 商工業施設の接収

     4 料亭の接収

     5 旅館の接収

     6 民家の強制接収

     7 空き家の接収

 

* 沖縄県史・沖縄戦記録2 から 小浜島の例

・・・・各家庭から畳2枚出せと命令が出され、学校の床板を剥ぎ取って完成した・・・・

 

沖縄の慰安婦は遊郭(那覇の辻遊郭)から転売や強制された女性が多かったようですが、

朝鮮人女性や地元の一般女性が誘拐された例も多くあります。

* 沖縄県警察史 第2巻から 八重山警察署 桃原用知氏の話

慰安婦の件でも問題があった。

当時慰安婦は軍が直接扱うのではなく、業者が経営していた。

ある女性の母親から「娘がいなくなって捜していたが、娘から連絡があり、西表島にいることがわかった。

毎日大変な事をさせられているので、帰してくれと言っても軍の命令だから帰さないと言っている。

どうにかして下さい」ということだ。

業者に注意すると「軍の命令でやっている」と言う。

「軍の誰がやっていると言ったか?君達は軍の命令でやっているのか?

慰安婦を軍がどうこうするという法律はない。

直ちに帰せ」と言った。

すると業者は司令官(下永憲次大佐)へそのことを報告したが、「そんな者は帰せ」と言ったようだ。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文