日本の細菌戦

1941年、日本軍資料
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2016/02/01 14:47

*井本日誌 (1941年分)

1月15日

渡辺参謀から「ホ」の件

媒介物を欲す

補給手段

適当なる容器が必要(取扱を簡易にす)

実用の際航空部隊にやらせるか、特殊部隊とするか

重爆にて夜間攻撃にて奇襲的に実施するを可とすべし

2月5日

㋭の研究

作戦経過

将来運用法

仮想作戦方針

外国の非難等に対する責任を誰が負うか

医務局

中留金蔵・金原節三医事課員・渡辺甲一衛生課長・鎌田調医事課長

石井部隊

石井大佐・太田澄・山本参謀・福森・碇常重・金子順一・野崎

北支那防疫給水部

西村英二・板倉

2月7日過ぎ

北支現在の装備

14年秋 21万円 細菌兵器の研究に資する如く施設を始め9分通り完成

ロックフェラ-接収計画を樹立しあり

     (注:中国名協和病院のこと)

「□□」と連絡しあり

彼は日本軍より利用するという意向を明示せば明渡すの已む無し考えあり

セイカ大学の建物位置共に格好の位置なり。

いまや米より支那側に渡しあり

軍との諒解は之から利用する如くつきあり

弾薬、5kgは現在の施設をもって製作可能なり

ノミの製産に援助し得る如く希望す

3月25日

早川少佐から㋭の確立の為雨下器 14万円の連絡

3月26日

石井部隊に行き研究を見

予算の問題 膨大すぎる

台湾、平房等に関する計画も膨大すぎる

9月1日

増田中佐から9月一杯に実施を希望す

之は実施することとす

9月5日

㋭に関する連絡

大体やる決心で行く

9月12日

㋭の件

大体之で行く

9月15日

㋭の件決定

9月16日

㋭の大陸指発令

11月25日

長尾(注:正夫支那派遣軍)参謀より㋭の件

11月4日 朝目的方向の天気良好の報に接し97軽1機出発

0530出発 0650到着

霧深し Hを落として捜索、H800付近に層雲ありし為1000m以下にて実施す

(増田少佐操縦、片方の開函不十分 洞庭湖上に函を落す

アワ36kg、その後島村参謀捜索しあり

11月6日 常徳附近に中毒流行

(日本軍は飛行機1機にて常徳附近に撒布せり、

之に触れたる者は猛烈なる中毒を起す

11月20日頃 猛烈なるペスト流行各戦区より衛生材料を収集しあり

(注:患者や死者から組織を切り取って集める事)

判決

命中すれば発病は確実

12月2日

宮野大佐から「常徳を中心とする湖南にては「ペスト」猖けつを極めあり」

12月22日

増田少佐より(ホ)

1.部隊の士気上る アワに対する自

2.主要兵器  アワ第一

   使用機 99式LB  百型偵察機

   高空雨下の場合は航空炸裂弾

3.実施時期来年 6月以降 (8月 10月)

4.人員可能 ラット

30万手に入る見込,設備も大体可

5.20Kg作る為の装置は現在即可能

6.北支には石油缶2万あり

 人と金あれば10-20Kgは出来る

 中支は鼠に困る,(種ノミはある)

 南支にも種鼠はある

7.ヂ弾は7000(信□2000)あり

  ロ弾(著地19000発)

  ハ弾(1350発)

  サニ弾(3000□□の為)

  □□□□(1万3千円分必要

  ウ弾(雨下用)3000発(同上)

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文