報道の質

日本の報道は正確か?
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2019/08/03 11:30

2011年3月11日の大震災に続く原発事故の頃から、多くの国民はテレビや新聞の報道に疑問を感じ始めました。

実はそれ以前から「マスコミの報道は正確なのだろうか?」と言う事は囁かれていました。

原発事故のときにはっきりと表面化したのでしょう。

私たちは日本の国内にいると自分の国の報道が正確かどうかわかりません。

同じように私達が批判的に見る外国も、

その国に住んでいる人にとっては自国の報道に疑問を持っていないのかもしれません。

 

世界で報道の自由度を調べている団体の資料を2つ取り上げてみます。

有名なのはフランスの「国境無き記者団」とアメリカで活動する「フリ-ダムハウス」です。

2017年発表では日本の報道の自由度は国境無き記者団で72位、フリ-ダムハウスでは50位になっています。

先進国である日本がこんなに低いとは驚きです。

色々な理由が考えられます。

◎政治家の歴史認識に対する報道の姿勢

◎防衛問題、特に北朝鮮問題に関する報道

◎特定機密保護法案に対する報道

◎安全保障に関する各種法律に対する報道

◎沖縄の基地問題の報道

◎領土問題に関する報道

◎国連の決議や勧告に対する姿勢

日本の過去の戦争犯罪の中で南京事件や慰安婦問題は歴史的にも常識的にも世界の共通認識になっています。

2015年の日韓合意やそれ以前から度々日本は国連から勧告を受けています。

又、沖縄やアイヌその他在日朝鮮人等に対する差別も国連人権委員会から何度も勧告を受けています。

しかし、日本のではあまり報道されていません。

◎世界特にヨ-ロッパから日本はどう見られているかの報道

これらのことに関して日本の報道機関はきちんと報道していないように思われます。

そして政府から、及び広告宣伝に関して広告代理店を通じて報道規制や忖度がされているように思われます。

 

国境なき記者団(Reporters Without Borders RWBフランス語ではRSF)は

言論の自由、報道の自由を擁護するために、

1985年にパリで設立されたジャ-ナリストによる国際的な非政府組織です。

設立者はフランスの元ラジオ局記者ロベ-ル・メナ-ル氏です。

最新の2019年版が発表されましたので掲載します。

 

各国の政権が変わるたびに報道の質は変化します。

過去の経緯と比較するために2007年からのランクの変化も追加しました。

一番左側が最新2019年の順位通りで、右に行くにしたがって過去の順位になります。

この国境なき記者団のリポ-トには、各国のランクについてコメントが出ていますが、

日本についてはどう述べているのでしょうか?

前回までの要点です。

福島原発事故の放射線汚染に関するメディアの事実報道を当局は、直接、間接に抑圧した。

機密保護法案について正確な報道がされていない

●既成のマスコミではないフリ-ランスの記者への検閲が行なわれ、当局の脅しや法的な嫌がらせを受けた。

閉鎖的な記者クラブによるメンバ-以外のジャ-ナリストに対して差別とアクセスの制限が行なわれた。

このレポ-トに関しては色々な意見や反論があります。

完全に正確なランクであるとは保証できませんが、参考になると思います。

 

日本は2012年からランクが下がり始めました。やはり原発報道は原因でしょう。

特定機密保護法案で2013年には更に下がりました。

2019年度版の世界67位と言う報道内容の中で我々日本人は生活しています。

そこで得られた世界67位の情報を鵜呑みにして、原子力発電や放射能の事や歴史の問題を判断しています。

正確な判断が出来ないのは当然で、非常に困った事だと思います。

ヨ-ロッパ特に北欧の国々と比較し、特にアメリカ一辺倒の危険性を反省したいと思います。

       注:年号は西暦で、末尾2桁で表記します。

         2019年発表の順位通りに揃えました。2012年は2011年と合わせて発表になりました。

         日本と同じ平和憲法を持っているコスタリカは10位です。

         15位までと、日本に親しみや関連がある国を黄色にしました。

         後進国だと思っている国が日本より上位にあるのは驚きです。 

◎韓国や台湾が日本よりはるかに報道の自由度が高いのは注目です。     

 特に韓国では文大統領になってから、自由度が上昇しています。

◎日本では政権によって変動しています。

       2006年   小泉首相 51位

       2010年 鳩山首相 11位

       2012年 野田首相 22位

       2014年 安倍首相 59位

       2016年 安倍首相 72位

◎アメリカ・ロシア・中国などの報道の自由度が低い国が軍事国家・経済大国として 

 派遣争いをしていることは、考えると恐ろしいことです。日本もですが・・・・ 

 

もう一つはアメリカの人権団体「フリ-ダムハウス」が調査発表です。

2019年版です。世界208の国と地域を調査したものです。

日本は12位(実質16位)になっていますが信じられない順位です。

ただしこの団体の集計は色々と正確性が疑われていますのであくまでも参考です。

2019年版では右側のランクの部分は同じランクが何ヶ所も出てきます。

又得点も同じ得点が数カ国あります。

そのため同じ得点は同一順位にしました。

コメントはしませんが、調査の信頼度は国境なき記者団の方が正確なように感じます。

世界208国を調査したものですが、信頼度の関係で60位まで掲載します。。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文