福島の事故

環境に出た放射性物質
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/05/20 16:20

廃炉作業が進み事故の深刻度が分析されないと、どれだけの量が放出されたのは分からないと思います。

正確には永遠に分からないかもしれませんが各種デ-タ-を基にして推測することはできます。

   大気中に放出された量   チェルノブイリ事故の約15%と計算されている

* 保安院の計算         2011年4月12日

ヨウ素131     13万兆ベクレル

セシウム137   6000兆ベクレル

* 原子力安全委員会の計算    2011年4月12日

ヨウ素131    15万兆ベクレル

セシウム137   1万2000兆ベクレル

 * 政府の原子力災害対策本部がIAEA(国際原子力機関)に提出した報告書

「原子力安全に関するIAEA閣僚会議に対する日本国政府の報告書」  2011年6月7日

ヨウ素131    16万兆ベクレル

セシウム137   1万5000兆ベクレル

* 2011年10月25日「ネイチャ-」 ノルウェ-大気研究所 スト-ル論文

セシウム137   3万5800兆ベクレル

キセノン133   1670万ベクレル

* WHO(世界保健機関)  2013年6月の報告書

          チェルノブイリとの比較

 

 

チェルノブイリ(1986年)

福島(2011年)

大気への放出量

  (テラベクレル)

ヨウ素

170万

10万~50万

セシウム-137

8万6000

6000~2万

甲状腺被ばく線量

 (ミリシ-ベルト)

50~5000

 避難住民

33~66(1歳児)

7.8~24(成人)

 原発30キロ圏外

比較計算するためにヨウ素とセシウムの数字を出していますが

これ以外にストロンチウム、プルトニウムを始めとして

100種類以上の放射性元素が出ている筈ですが計算されていません。

 

海洋中への放出量

      * 上記IAEA(国際原子力機関)に提出した報告書では

          ヨウ素131    約2800兆ベクレル

          セシウム134    約940兆ベクレル

          セシウム137     940兆ベクレル

      * 2011年9月8日 日本原子力機構からの報道

          ヨウ素131、セシウム134、セシウム137 の合計1万5000兆ベクレル

   地中や地下への放出量はまだ計算されていません。

 

平成23年6月6日に保安院から

「東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に係る1号機、2号機及び3号機の

炉心の状態に関する評価について」の発表があり、

その中に大気中へ放出された放射性元素の一覧表があります。

その後誤りを訂正し10月20に訂正されました。

その訂正版を掲載します。

読みやすくするために記号を入れ、ベクレルは漢字に書き直しました

 

記号

名称

半減期

1・2・3号機合計

Xe

キセノン-133

5.2日

1100京ベクレル

Cs

セシウム-134

2.1年

1.8京ベクレル

Cs

セシウム-137

30年

1500兆ベクレル

Sr

ストロンチウム-89

50.5日

2000兆ベクレル

Sr

ストロンチウム-90

29.1年

140兆ベクレル

Ba

バリウム-140

12.7日

3200兆ベクレル

Te

テルル-127m

109日

1100兆ベクレル

Te

テルル-129m

33.6日

3300兆ベクレル

Te

テルル-131m

30時間

97兆ベクレル

Te

テルル-132

78.2時間

8京8000万ベクレル

Ru

ルテニウム-103

39.3日

75億ベクレル

Ru

ルテニウム-106

368.2日

21億ベクレル

Zr

ジルコニウム-95

64日

17兆ベクレル

Ce

セリウム-141

32.5日

13兆ベクレル

Ce

セリウム-144

284.3日

11兆ベクレル

Np

ネプツニウム-239

2.4日

76兆ベクレル

Pu

プルトニウム-238

87.7年

190億ベクレル

Pu

プルトニウム-238

24065年

32億ベクレル

Pu

プルトニウム-238

6537年

32億ベクレル

Pu

プルトニウム-241

14.4年

1兆2000億ベクレル

Y

イットリウム-91

58.5日

3兆4000億ベクレル

Pr

プラセオジウム-143

13.6日

4兆1000億ベクレル

Nd

ネオジム-147

11日

1兆6000億ベクレル

Cm

キュリウム-242

162.8日

1000億ベクレル

I

ヨウ素-131

8日

16京ベクレル

I

ヨウ素-132

2.3時間

13兆ベクレル

I

ヨウ素-133

20.8時間

4京2000兆ベクレル

I

ヨウ素-135

6.6時間

2300兆ベクレル

Sb

アンチモン-127

3.9日

6400兆ベクレル

Sb

アンチモン-129

4.3時間

140兆ベクレル

Mo

モリブデン-99

66時間

67億ベクレル

 

 

タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文