再生可能エネルギ-とPPS

賦課金制度
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2015/07/20 9:43

2011年からは太陽光発電促進付加金を私達は支払ってきましたが、

24年度から固定価格買取制度の賦課金が加算されました。

一応その2つを合わせて「育エネ負担金」と言う名称になりました。

名称はどうでも良いので、つまりは再生可能エネルギ-の分だけ私たち消費者が負担しようとするものです。

ここでは負担金を付課金(賦課金)とよびます。

つまり私たちが支払う電気料金は「基本料金+使用電力量料金+付課金」となります。

*2011年からの単価を表にしました。

注:通常の従量制(使った分だけ払う)だけです。

  東京電力のみです。

名称

H22

円/kwh

H23

H24

~25.4

H25.5

~26.4

H26.5

~9

H26.10

~27.4

H27.5

~28.4

太陽光発電

促進付課金

0.00

0.03

0.06

0.05

0.05

 

 

再生可能エネルギ-発電

促進賦課金単価

 

 

0.22

0.35

0.75

0.75

1.58

合計

0.00

0.03

0.28

0.40

0.80

0.75

1.58

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文