原子力政策の始まりから

始めに~趣旨

最終更新日:2014/06/07 12:15

長い間書き留めていたものを整理しました。 その為あっち飛びこっち飛びで文章としてつながっていない項目もあるかもしれません。 その上内容はかなり長いものです。 最初から読んでいくと疲れて途中でイヤになるでしょう。 その為細 […]

続きを読む

原発は巨大なる公共事業

最終更新日:2014/05/11 11:33

電気は原発を利用しなくてもどのような方法を使っても作る事はできます。 自転車のペタルをこいても、トイレの水洗の流れでも、昔だったら村の水車でも発電をする事はできます。 水力発電・火力発電・地熱発電・太陽光発電・・・・色々 […]

続きを読む

公共事業としての原発建設

最終更新日:2014/05/11 11:39

当然のことですが、原発には多くのゼネコンが関係しています。 投資の金額から考えて大手ゼネコンが中心になります。 そして巨額な資金の一部は政治資金に還流しています。 昨年(2013年)自民党が寄付される金額まで指定した事が […]

続きを読む

原子力の平和利用

最終更新日:2014/05/11 11:42

第二次世界大戦後のアメリカではソ連との核兵器開発競争が続けられました。 いくらアメリカが先行して開発してもすぐソ連が追いつく状態でした。 そこでアイゼンハワ-大統領は思い切って政策の転換をすることになりました。 それが核 […]

続きを読む

政策のスタ-ト

最終更新日:2014/05/11 11:46

原子力発電の政策がスタ-トしたのは1954年3月3日の第19回国会で予算案が提出されてからです。 当時改進党の代議士だった中曽根康弘氏と正力松太郎氏が中心になって作った予算案です。 3月4日に衆議院を通過4月3日に参議院 […]

続きを読む

1 2 3