自律神経と薬の作用

実際の血圧分布
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2017/06/10 9:50

まず最初に実際に日本人の成人の血圧状態を見ます。

以前は最高血圧の治療が必要なのは160mmHg以上とされていました。

また年齢プラス90が上限とも言われていました。

つまり50歳であれば140mmHg、60歳で150mmHg、70歳で160mmHgが上限でした。

改正されるたびに基準が厳しくなって現在は130 mmHgが上限です。

 

国つまり厚生労働省ではかなり正確な調査を定期的に行なっています。

その調査から年代別の最高血圧(上・圧縮期)の状態を表にしてみます。

そして現在の基準値の130 mmHgと、昔の基準値160 mmHg未満までの範囲を黄色にしました。

●平成24年 国民健康・栄養調査報告書から     厚生労働省 平成26年3月発表

男性です。

血圧を下げる薬を飲んでいる人も含むので、もし飲んでなければもっと高めが増えるはずです。

年齢別に何%の人がその血圧範囲に入るかです。

一番右側は40~89歳までの合計です。

%ですので計算は必ずしも合いません。

最高血圧

30~39歳

40~49歳

50~59歳

60~69歳

70歳~

40~89歳

90~99

1.4%

1.5%

0.3%

0.4%

0.2%

0.5%

100~109

12.5%

8.5%

3.3%

3.0%

1.9%

3.4%

110~119

26.7%

20.2%

11.3%

7.3%

7.3%

9.8%

120~129

31.2%

27.7%

20.0%

18.8%

15.7%

19.1%

130~139

18.2%

20.6%

25.2%

24.9%

24.6%

24.2%

140~149

6.1%

13.0%

21.0%

19.4%

22.5%

19.8%

150~159

2.9%

4.2%

9.2%

13.7%

15.5%

12.3%

160~169

0.5%

2.5%

5.0%

6.6%

7.4%

6.1%

170~179

0.5%

1.0%

3.3%

4.0%

3.0%

3.0%

180以上

0.2%

0.7%

1.3%

2.0%

1.9%

1.6%

人数

658

732

868

1,663

1,924

5,152

黄色の部分の合計、つまり基準が厳しくなった為検診で引っかかった人の合計は

           30歳代    27.2%

           40歳代    37.8%

           50歳代    55.4%

           60歳代    58.0%

           70歳代以上  62.6%

           40~80歳    56.3%

基準を130昔 mmHgに厳しくしただけで、

これだけの人が急に高血圧であると判断されて薬を勧められているのです。

テレビで「成人男性の2/3が高血圧」との宣伝がありますがこのことを意味します。

◎昔の基準を考慮して、自然な分布で%の多いところを中心に年代別の基準を決めるべきでしょう。

標準低め

30代(100~109)

40代(110~119)

50代(110~119)

60代(120~129)

標準

30代(110~129)

40代(110~139)

50代(120~139)

60代(130~149)

標準高め

30代(130~139)

40代(140~149)

50代(140~149)

60代(150~159)

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文