尖閣諸島

尖閣の位置と基本の考え
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/01/30 14:13

現在尖閣諸島がどこの国に所属するのかを巡って、日本と中国がもめています。

まず尖閣諸島が地理的にどのあたりになるのかを見てみます。

一般の地図ですと尖閣が小さすぎて中国、台湾や沖縄との位置関係がよく分かりません。

外務省資料の図を参考にします。

まず尖閣諸島とにはどの様な島々があるのか名称と距離です。

 

SCN_0004

 

次に位置関係です。

 

SCN_0003

 

地図で見ると、距離は異なりますが沖縄、中国、台湾の間にあります。

現在の沖縄は日本ですが、江戸時代までは琉球王国という独立国でした。

沖縄が当時日本ではなかったと考えると、古来より日本領土得あったと言う考えには無理があります。

常識的に考えて、琉球王国、中国、台湾のいずれかの領土だったと考えるほうが自然です。

或いはどこの領土でもない無人島だったと考えるほうがもっと自然かもしれません。

いずれかの国の領土だった場合、もし琉球王国の領土だった場合は

明治時代になって日本に組み入れられましたから、自然に日本領土になったでしょう。

しかしそれならばわざわざ明治28年(1895年)に国有化の閣議決定をするのは妙な話です。

それとも中国か台湾の領土だったのでしょうか?

領有が決まっていない単なる無人島だったのか?

 

2013年6月に自民党幹事長だった野中広務氏と鳩山由紀夫元総理が

相次いで中国で尖閣をめぐる発言をして波紋を起こしました。

野中氏は「尖閣は日中間で棚上げになっている」

鳩山氏は「カイロ宣言で中国へ返還しなければならない」

 

このレポ-トではそのあたりを細かく考えてみます。

 

タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文