日本の毒ガス戦

終戦時の毒ガス国内処理
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2015/08/08 9:20

中国だけではなく日本国内にも敗戦時にかなりの量の毒ガスと毒ガス弾の在庫がありました。

生産地の大久野島では英連邦軍(オ-ストラリア軍)によって3200トン以上が確認されました。

日本の他の地区にも少しづつあったようです。

日本政府は証拠を隠すために早く処分しなければなりませんでしたが

間に合わずに発見されてしまったのです。

そして東京裁判で取り上げられないよう秘密裡に処理する事に、米国も英国も協力したものと思われます。

海軍の状況を米軍資料から見ます。

生産量と弾薬量の2つです。

*日本軍の化学戦に関する情報報告 第3巻

日本軍による化学戦資材の生産

アメリカ極東陸軍総司令部主任化学将校室

1946年3月1日

 

場所

種類

数量

処置

横須賀軍需部

 

60キロイペリット爆弾

3000発

 

嘔吐性・催涙性砲弾用型薬缶

30000発

直前廃棄

舞鶴軍需部

嘔吐性ガス筒

1200発

 

催涙手投げ弾(小)

5050発

 

催涙手投げ弾(大)

6200発

 

第1海軍航空廠(厚木)

60キロイペリット爆弾

8850発

直前廃棄

第1海軍航空廠(瀬谷)

60キロイペリット爆弾

5680

 

第11海軍航空廠

(八木松・切串・川上)

60キロイペリット爆弾

11344発

 

第12海軍航空廠(大分)

60キロイペリット爆弾

2351発

 

第21海軍航空廠(佐世保)

60キロイペリット爆弾

5000発

 

第21海軍航空廠(博多)

60キロイペリット爆弾

67発

 

第21海軍航空廠(福岡)

60キロイペリット爆弾

7発

 

第31海軍航空廠(舞鶴)

60キロイペリット爆弾

5000発

直前廃棄

第41海軍航空廠(千歳・美幌)

60キロイペリット爆弾

217発

 

第41海軍航空廠(大湊)

60キロイペリット爆弾

2000発

直前廃棄

合計

60キロイペリット爆弾

27666発

 

60キロイペリット爆弾

15850発

 

嘔吐性・催涙性砲弾用型薬缶

30000発

直前廃棄

嘔吐性ガス筒

1200発

 

催涙手投げ弾

11250発

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文