防疫給水部(細菌戦部隊)

防疫給水部から731部隊に
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2014/05/24 10:45

[ 陸軍軍医学校防疫研究室 ]
   1932年4月1日、陸軍軍医学校内に防疫研究室(防研)が梶塚隆二を主幹として設立されましたが、

これは名目上で、実際には8月に石井四郎を中心にして活動し開始したようです。

* 陸軍軍医学校50年史から (読みやすくしてあります)

・・・・ひるがえって事変(注: 満州事変の事)前における世界の情勢と

本邦医学界における現況とに鑑み、

学校においては戦疫予防に関する研究の1日もおろそかにすべからずを痛感し、

1部これの研究に着手していたが、たまたま今次事変の突発に際し、

本予防法の研究はいよいよ切迫せる国防上の要務となりし為、

遂に上司の承認する所となりて昭和7年4月防疫部建物地下室の1部を改造し

応急的に防疫研究室(主幹2等軍医正・梶塚隆二)の新設を見るにいたれり・・・・

小泉親彦教官の絶大なる支援の下に上司の認むるところとなり、

軍医学校内に石井軍医正を首班とする研究室の新設を見るにいたりしものなり・・・・

8月・・・・石井軍医正以下5名の軍医を新たに配属せられ防疫研究室を開設す・・・・

注: 防疫部の設立は1922年(大正11年)でワクチン生産が目的でした。

  防疫研究室の目的は今までの防疫学教室や防疫部や軍医学校とは

  少し異質な生物戦の研究にあったのです。


1933年秋、防疫研究室は鉄筋2階建の独自の研究棟に移り、細菌の大量培養が行なわれました。
この研究室は軍医学校と言うより陸軍省上層部の意向で作られたもので、

通称石井機関と呼ばれ、全国から優秀な医学者が集められるようになりました。

 

[ 陸軍防疫給水部 ]
   新宿の戸山に出来た陸軍軍医学校防疫給水研究室は

陸軍軍医学校と陸軍参謀本部の両方から指揮・命令を受けていて、

軍医学校から見ると防疫研究室と呼ばれ、参謀本部からみると防疫給水部となります。

部隊は石井四郎軍医少将をトップに

技師、技手、技術雇員、医学部の学者、研究者、医師等で組織される300人位の集団でした。

組織は1研から17研の研究室に別れていました(1943年当時)

この防疫給水部(研究室)はほかにもあった多くの部隊を統括した中枢機関でした。
    統括した組織  731部隊を始めとした5つの防疫給水部隊(細菌戦部隊)
               各支部としての部隊
               60以上の師団の防疫給水部
               野戦防疫給水部
では何処に秘密の仕事をしていた防疫給水部隊はあったのでしょうか?

現在わかる範囲です。
    満州・ハルビン   関東軍防疫給水部        通称 731部隊
    中国・北京     北支那派遣軍防疫給水部     通称 甲1855部隊
    中国・南京     中支那派遣軍防疫給水部       通称 栄1644部隊   
    中国・広東     南支那派遣軍防疫給水部     通称 波8604部隊
    シンガポ-ル    南方軍防疫給水部          通称 岡9420部隊

これらの5つの部隊はそれぞれ多くの支部をもっていましたから、かなりの大きな組織になります。
またこれら以外にも、満州には馬の病気を研究する関東軍軍馬<獣>防疫廠(通称100部隊)があり、

そちらも細菌戦を行っていて、アメリカで問題になった炭素菌の人体実験を行なっています。

日本国内では陸軍の登戸研究所が細菌戦の研究を行なっています。

話を先に進める前に、簡単な各部隊の設立や場所の地図を掲載しておきます。

    * 字が細かいので拡大してみてください。

 SCN_0089

 

 

 [ 731部隊へのスタ-ト ]

   細菌戦を目的とした防疫給水部隊は、この731部隊から始まりました。

まずはどの様にしてこの部隊が出来たのでしょうか?
1925年(大正14年)、生物化学兵器の使用を禁止するジュネ-ブ議定書が締結されましたが、

石井四郎は逆にこれを利用する事を思い付いたと言われています。

陸軍の中で地位が低かった軍医の立場を上げるために細菌兵器の研究や準備をしようと思ったのです。

1928年(昭和3年)から2年間石井が20ケ国の海外視察をしました。

帰国後石井は軍医学校防疫部の教官になり、気迫と熱弁で戦争に於ける細菌戦の必要性を説き、

陸軍省医務局衛生課長梶塚隆二や小泉親彦(後の医務局長)の支持を得ました。

 

*「陸軍軍医学校50年史」 から石井の発言

・・・・最強諸国は細菌戦の準備を行なっており、もし日本がかかる準備を行なわないならば、

将来戦に於いて日本は大きな困難に遭遇するだろう・・・・

資源の乏しい日本で安い費用で生産が出来、殺傷力が強い・・・・

と言う石井の主張は、参謀本部の鈴木率道(作戦部第1課長)や陸軍省の永田鉄山(軍務局軍事課長)を動かしました。
陸軍は予算が乏しかったにもかかわらず、裏金として特別会計から20万円が石井四郎にあたえられ、

毎年のようにこの極秘予算は増額されました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文