日本の細菌戦

1943年の細菌戦
記事専用プリント対応ページ

最終更新日:2015/02/07 12:18

これまでの細菌戦で実験成果を上げる事に成功した軍は1943以降は細菌戦をあまり実施していません。

勿論中国をはじめとする国際世論の影響もあると思われます。

しかし細菌戦そのものはおこなっていませんが、

前年までに撒布して流行したペスト菌が各地に伝播して被害は出ています。

中国の浙江省がまとめた1943年度、ペストに関する統計です。

*浙江省1943年度ペスト感染者と死亡者統計

ペスト症状(患者) 患者のうち死亡者
龍泉 422 83
慶元 75 50
雲和 106 61
影寧 1 1
永嘉 4 1
青田 5 5
松陽 1 1
霊水(碧湖) 60 34
合計 674 246

 注:1943年は金華、武義、東陽、義烏は日本の第13軍支配下のため統計には入っていません。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見・ご感想はこちらへ ※個人情報の取り扱いについて

お名前 (必須)

メールアドレス ※返信をご希望の方はご記入ください

メッセージ本文