尖閣諸島

尖閣の位置と基本の考え

最終更新日:2014/01/30 14:13

現在尖閣諸島がどこの国に所属するのかを巡って、日本と中国がもめています。 まず尖閣諸島が地理的にどのあたりになるのかを見てみます。 一般の地図ですと尖閣が小さすぎて中国、台湾や沖縄との位置関係がよく分かりません。 外務省 […]

続きを読む

タグ:

領土の決め方

最終更新日:2014/05/30 15:29

中国の領土だったとしても、証拠はありません。 当然自国の領土だと信じていただけかも知れません。 国際法もなければ国際連盟もなかったのです。 しかも非近代国家で強大な国だったならば、わざわざ「ここは私の土地です」などという […]

続きを読む

冊封(さくほう)外交

最終更新日:2014/01/30 14:15

昔の中国は強大な国ですから周辺の国々を属国にしていました。 属国と言っても直接支配するわけではなく、配下の国の自治を認めていました。 朝鮮・沖縄・ベトナム・・・他周辺のアジアの国を従えていましたが、その体制を冊封体制と言 […]

続きを読む

タグ:

中国の資料

最終更新日:2014/05/30 15:34

1372年に琉球冊封使が琉球に来たと言っても資料はありません。 資料として残っている一番古い航海日誌は1534年のものです。 その日誌から見てみます。 * 1534年 中国・明の冊封使、陳侃(ちんかん)は、5月8日に福州 […]

続きを読む

タグ:

琉球の記録

最終更新日:2014/01/16 13:15

それでは琉球にはどのような資料が残されているのか見てみます。 実はあまり資料はありません。 資料がないと言うことは日常からあまり関心がない、つまり自国の領土とは認識していなかった可能性があります。 * 1650年 琉球・ […]

続きを読む

1 2 3 4