日本の毒ガス戦

自衛隊による毒ガスの処理情況

最終更新日:2015/08/29 12:31

自衛隊では残された資料や通報で判明した日本各地にある毒ガス類を処理しています。 その資料の一覧です。 通し番号が121番までつけられていますが、あまり多いので適当に省きます。 記録された期間は1951年6月から2001年 […]

続きを読む

毒ガス条約の発効

最終更新日:2015/08/29 12:30

1625年のジュネ-ブ議定書では戦争時における毒ガスが問題とされ、 平時の事が決められていなかったため、これを不十分として 1992年3月3日、国連軍縮会議で「化学兵器禁止条約」が採択されました。 1993年1月13日、 […]

続きを読む

中国での処理状況

最終更新日:2015/09/05 11:25

化学兵器禁止条約で決められた処理期限は10年となっています。 しかし現実には無理な為何度も延長されています。 2013年の時点では、発掘されたもガス弾の移動処理に関しては 5年、ハルバ嶺については10年を目標とされていま […]

続きを読む

今後の課題

最終更新日:2014/04/05 11:13

毒ガスの被害は戦争中だけではなく現在も続いています。 イペリットやルイサイトのような糜爛性ガスはちょっと触れただけでも皮膚は爛れ、 ひどい場合には肉が削がれ骨まで出てきます。視覚障害や胃腸障害も出ます。 介抱しようとして […]

続きを読む

参考資料

最終更新日:2015/09/05 11:31

参考資料は色々ありますが主だった資料の名前です。   中国山西省における日本軍の毒ガス戦    粟屋憲太郎 編    大槻書店 中国戦場における毒ガス作戦 日本軍の化学戦 紀学仁 主編    大槻書店 日本軍の […]

続きを読む

1 6 7 8